*

ウォー・ゲーム(1983年)

公開日: : SF

ウォー・ゲーム(1983年)

高校生のデヴィッドは、自分の学校のコンピュータにハッキングして成績を書き換えるなど、パソコンに関しての腕前は天才的。あるとき、オンラインでジョシュアというコンピュータと核戦争のゲームをすることになり、デヴィッドはソ連側となってゲームを楽しむのだが、ジョシュアは実はアメリカ国防省を司る人口知能であり、ゲームはゲームでなく、ほんとうの核戦争になろうとしていた。

今観るとアナログ感が拭えないのは致し方ないが、遊び半分でハッキングに興じていた少年の行動が国家間の紛争にも直結しかねないというストーリーはよくできていると思うし、主人公もそのガールフレンドも、さすがに事の重大さを認識してモラルを保ち、ゲームにのめり込みすぎず、核戦争を回避しようとする行動には共感が持てる。当時としてはマニアが引き起こす騒動のようだが、パソコンやインターネットがすっかり普及した今の時代に観ることで、より現実的な出来事として受け取ることができる。

主人公デヴィッドを演じるのは、マシュー・ブロデリック。名前だけはなんとなく聞いた覚えがあるが、これといった代表作が思いつかない。少し調べたら、「セックス・アンド・ザ・シティ」などのサラ・ジェシカ・パーカーの旦那さんとわかった。監督はジョン・バダムという人で、「サタデー・ナイト・フィーバー」の監督もしていた人だった。

関連記事

メッセージ

メッセージ(ネタバレあり)

世界各地12ヶ所に、宇宙船と思しき謎の物体が飛来。しかし宇宙船は、その場に留まったままで何を

記事を読む

スピード・レーサー(2008年)

小さい頃、レーサーの兄にあこがれていたスピード。しかし兄は事故死してしまい、数年後兄の遺志を

記事を読む

パッセンジャー

パッセンジャー(ネタバレあり)

地球から120年かけて他の惑星に移民するべく、宇宙船アヴァロンは航行。しかし、人工冬眠機器の

記事を読む

ルーパー(2012年)

2044年が舞台。30年後の2074年において、犯罪組織が証拠を残さず敵を処理する際、敵をタ

記事を読む

タイム(2011年)

近未来。遺伝子操作により長寿が可能になった人類は、25歳以降は労働により稼いだ時間を通貨とし

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑