*

ザ・インターネット2(2005年)

公開日: : サスペンス

ザ・インターネット2(2005年)

トルコの企業にヘッドハンティングされた、女性プログラマーのホープ。しかしイスタンブールに着いてみると、なぜか身元が抹消されていて、別人の名前と犯罪歴をかぶせられてしまう。彼女の身元を証明できる人物も次々に何者かに殺されてしまい、彼女は警察に追われる身になってしまう。

サンドラ・ブロックが主演した「ザ・インターネット」とは、ストーリーや舞台設定などは何の関連性も持たない。つまり、続編ではない。というか、この作品、もしかしたら劇場公開映画ではなく、テレビドラマだったのかも。出演者も、知った顔を見つけるのが困難だった。

共通しているのは、主人公のプログラマーがやはり女性であることと、彼女がサイバー犯罪に巻き込まれて身元を書き換えられてしまう点だ。では今作ならではの要素はというと、舞台がトルコであることと、サイバー犯罪を追うインターポールの捜査官が、物語の終盤で彼女の味方として登場することだ。

観る側としては、やはり主人公に感情移入してしまう。もし異国の地でパスポートもクレジットカードも盗難に遭い、データ上も全く別の人物にされてしまったら・・・と思うと、生きた心地がしない。

関連記事

オデッサ・ファイル(1974年)

1960年代の、西ドイツのハンブルグ。フリーライターのミラーは、自殺した老人の日記を偶然入手

記事を読む

記憶探偵と鍵のかかった少女

記憶探偵と鍵のかかった少女(ネタバレあり)

相手の記憶に入り込める特殊な能力を持つ「記憶探偵」。そのひとりジョンは、妻の自殺により引退状

記事を読む

ザ・インターネット(1995年)

フリープログラマーのアンジェラは、得意先のソフトウェア会社からプログラムのバグを検出する仕事

記事を読む

眠れぬ夜のために(1985年)

ロサンゼルス。不眠症に悩まされる会社員のエドは、ある夜無意識に空港に向かう。そこで、殺し屋に

記事を読む

ウインド・リバー(ネタバレあり)

ウインド・リバー(ネタバレあり)

アメリカ北部の冬場は雪に覆われた極寒の地、ワイオミング州のウインド・リバー地区。野生生物局の

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑