*

ロックアウト(2012年)

公開日: : リュック・ベッソン

ロックアウト(2012年)

2079年。捜査官スノーは、同僚殺しの汚名を着せられて逮捕拘束される。一方、大統領の娘エミリーが宇宙刑務所を視察中に囚人が反乱を起こしてしまい、囚われの身に。スノーはエミリー救出のため宇宙刑務所に向かわされるが、スノーがその任務を引き受けたのは、そこに彼の無実を証明できる仲間がいたからだった。

リュック・ベッソンが製作総指揮で、キャッチコピーは「フィフス・エレメント以来15年ぶりのSF」とのこと。テンポはいいのだが、浅いというか軽い印象があった。囚人を仕切るリーダーとイカれ気味の弟は、どっちかが相手を殺すだろうと思っていたらその通りになったし、エミリーも助け出されたのに脱出せず、スノーと行動を共にする。囚人を冷凍保存する刑務所は実は人体実験の場でもあって、そのあたりをもう少し掘り下げてくれればよかったかなあと思う。

スノーをガイ・ピアース、エミリーをマギー・グレイスという人が演じている。マギーは「96時間」にも出演。ガイ・ピアースは、「プロメテウス」にもウェイランド社長役で出ていたが、老け役を演じるため特殊メイクをしていて、判別するのは難しい。ワタシがちゃんと観たことがあるガイ・ピアースの作品は「メメント」くらいなのだが、今回はまるでドルフ・ラングレンのようにマッチョで性格も武骨で、とても同じ人とは思えなかった。

関連記事

パリより愛をこめて(2010年)

パリの大使館で働くリースは、捜査官としての任務を命ぜられ、敏腕捜査官ワックスとチームを組んで

記事を読む

ダニー・ザ・ドッグ(2005年)

青年ダニーは悪徳取立て屋の用心棒で、格闘技に長けた殺人マシーン。だが人としての感情を持たず、

記事を読む

ルーシー(ネタバレあり)

台北。ルーシーはマフィアの裏取引に巻き込まれてしまい、体内に合成麻薬を埋め込まれ運び屋として

記事を読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(ネタバレあり)

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(ネタバレあり)

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアンとその相棒ローレリーヌは、ブラックマーケットで取引さ

記事を読む

アルティメット(2004年)

2010年。荒廃したパリの危険地区は、ギャングが街を牛耳っていた。青年レイトは街からドラッグ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑