*

パリより愛をこめて(2010年)

公開日: : リュック・ベッソン

パリより愛をこめて(2010年)

パリの大使館で働くリースは、捜査官としての任務を命ぜられ、敏腕捜査官ワックスとチームを組んで麻薬組織に立ち向かうことに。肉体派ですぐ銃をブッ放すワックスと、数ヶ国語を話す知性派のリースは、まるで水と油。がしかし、麻薬組織の向こう側には更なるテロ組織があることがわかり、しかもリースがその組織に行動を監視されていたことが明らかになる。

ワックスをジョン・トラボルタ、リースをジョナサン・リース・マイヤーズが演じている。トラボルタはマッチョな体型にスキンヘッドに口ヒゲと、見た目だけでかなりのインパクトが。しかし、肉体派である一方捜査においては繊細な面も見せ、リースを除け者にするでもなく、うまくやっていこうとする優しさも見せている。ジョナサン・リース・マイヤースは、「ヴェルヴェット・ゴールドマイン」「テッセラクト」以来で観たが、エリート好青年を好演している。原案はリュック・ベッソンだそうだ。

作品トータルとしては、ストーリーも設定も直球すぎたかなと思う。リースを裏切ったのが誰なのかも序盤で読めてしまったし、2人組がつかず離れずながらも協力して敵に向かっていくさまは、ハリウッドのみならず日本映画でも数多く描かれてきたはずだ。ド派手なカーチェイスシーンも、緊迫感を感じることはなく安心して観てしまった。見どころはやはり2人の掛け合いにあると思っていて、「スター・トレック」のことを話したり、ラストでチェスに興じるところには、センスのよさを感じる。

関連記事

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(ネタバレあり)

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(ネタバレあり)

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアンとその相棒ローレリーヌは、ブラックマーケットで取引さ

記事を読む

アルティメット(2004年)

2010年。荒廃したパリの危険地区は、ギャングが街を牛耳っていた。青年レイトは街からドラッグ

記事を読む

ダニー・ザ・ドッグ(2005年)

青年ダニーは悪徳取立て屋の用心棒で、格闘技に長けた殺人マシーン。だが人としての感情を持たず、

記事を読む

ロックアウト(2012年)

2079年。捜査官スノーは、同僚殺しの汚名を着せられて逮捕拘束される。一方、大統領の娘エミリ

記事を読む

ルーシー(ネタバレあり)

台北。ルーシーはマフィアの裏取引に巻き込まれてしまい、体内に合成麻薬を埋め込まれ運び屋として

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑