*

ダニー・ザ・ドッグ(2005年)

ダニー・ザ・ドッグ(2005年)

青年ダニーは悪徳取立て屋の用心棒で、格闘技に長けた殺人マシーン。だが人としての感情を持たず、記憶もなく、そしてボスからは人としての扱いを受けない「番犬」だった。ダニーはふとしたことがきっかけで盲目のピアノ調律師と知り合い、やがて生活を共にし、彼の養女との触れ合いから人としての感情を取り戻していく・・・。

ダニーを演じるのはジェット・リーだが、個人的には未だに「少林寺」のイメージが鮮烈で、よってリー・リンチェイといった方が通りがいい。今作はリーが持ちうるカンフーの技量を如何なく発揮させつつも、肉体派一辺倒ではなく、人間の内面の心情を表現するという、難しい役どころをこなしている。ピアノ調律師はモーガン・フリーマンで、この手の役はお手のものといったところだろうか。リュック・ベッソンが脚本を担当していて、そういえばストーリーはどことなく「レオン」にも近いものがある。

ワタシがこの作品を観ようと思ったのは、マッシヴ・アタックが音楽を担当しているからだった。ひんやりとした音が、劇中淡々と流れているのがいい。

Massive Attack『Unleashed』

関連記事

ルーシー(ネタバレあり)

台北。ルーシーはマフィアの裏取引に巻き込まれてしまい、体内に合成麻薬を埋め込まれ運び屋として

記事を読む

アルティメット(2004年)

2010年。荒廃したパリの危険地区は、ギャングが街を牛耳っていた。青年レイトは街からドラッグ

記事を読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(ネタバレあり)

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(ネタバレあり)

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアンとその相棒ローレリーヌは、ブラックマーケットで取引さ

記事を読む

パリより愛をこめて(2010年)

パリの大使館で働くリースは、捜査官としての任務を命ぜられ、敏腕捜査官ワックスとチームを組んで

記事を読む

ロックアウト(2012年)

2079年。捜査官スノーは、同僚殺しの汚名を着せられて逮捕拘束される。一方、大統領の娘エミリ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑