*

コーン(KoRn)『The Paradigm Shift』

公開日: : KoRn ,

コーン(KoRn)『The Paradigm Shift』

コーンは、2013年にアルバム『The Paradigm Shift』をリリース。音としては前作『The Path Of Totality』の路線を継続していて、テクノとラウドとメタルがミックスされた仕上がりになっている。個人的には、前作よりも説得力があるように感じている。

そして、今回はなんと、2005年に脱退したギターのブライアン"ヘッド"ウェルチが電撃復帰を果たしている。その経緯は、同梱されているドキュメンタリーDVDに詳しい。メンバー全員のインタビューをとっているが、真っ先に登場するのが当事者ヘッドだ。脱退はヘッドがメンバーにメールで一方的に通知し、その理由はクリスチャンとして神に仕えるためとされていた。

しかし実際は、3種類のドラッグに溺れぼろぼろだったからだと、本人の口から語られる。離婚し娘を自分で育てなくてはならず、クリスチャンになったのもこれらの背景による。自身をクリーンにし、父としての役割を果たす一方、2012年にフェスに出演するコーンのライヴを観に行くことになり、『Blind』ではステージに立って久々にバンドメンバーたちと演奏。しかしメンバーはヘッドに復帰を急かさず、じっくり考える時間を与えた。1週間後、ヘッドはレコーディングに参加したいと連絡したそうだ。

一時は3人にまでなってしまったコーン。サポートを経てレイ・ルジアーをドラマーに迎えて建て直し、2010年に『KoRn3』と題して原点回帰を掲げるも、その後はダブステップに接近していた。もちろん、これらの活動に低迷や迷走のイメージはなく、そのときそのときでバンドは常にベストを尽くしてきたはずだ。

しかし、しかし、それでもヘッドが帰ってきたことの意味は、とてつもなく大きい。映像の冒頭、ステージでヘッドを紹介するMCと、それに呼応して歓喜の声をあげるファンの光景に、観ていて熱くさせられる(むしろ、バンドメンバーたちのリアクションが淡々としていることに驚かされる)。

個人的に、コーンの来日公演は98年フジロック以来コンスタントに足を運んでいたのだが、2014年ノットフェス、2015年オズフェストはスルー。よって、直近は2011年サマーソニックになる。いつのまにか7年も経ってしまい、その間にヘッドが復帰。5人編成に戻ったコーンを、ワープトツアーで観られるのが楽しみだ。

関連記事

コーン(KoRn)『KoRn3:Remember Who You Are』

コーンは2010年にアルバム『Korn3:Remember Who You Are』をリリー

記事を読む

コーン(KoRn)Live At CBGB

2004年にリリースされたKoRnのベストアルバム『Greatest Hits Vol.1』

記事を読む

コーン(KoRn)『The Path Of Totality Tour: Live At The Hollywood Palladium』

コーンが2011年にリリースしたアルバム『The Path Of Totality』に伴うリ

記事を読む

コーン(KoRn)『Live(DVD)』

シンプルに「ライヴ」とだけ題されたKoRnの映像作品で、2002年の『Untouchable

記事を読む

コーン(KoRn)『MTV Unplugged』

コーンは、2006年12月にMTVアンプラグドに出演している。音源はCD化されているものの、

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑