*

ポール・ウェラー(Paul Weller)『Live Two Classic Performance』

ポール・ウェラー(Paul Weller)『Live Two Classic Performance』

ポール・ウェラーのライヴDVDを観た。かなり密度の濃い内容で、ファンなら必見だ。ライヴは2種類が収録されている。

まずひとつは、2002年7月にロンドンのハイドパークで行われたフルバンドスタイルでのもの。どうやらフェスティバルでウェラーがヘッドライナーを務めたらしく、その全25曲が収録されている。

バンドは、ドラムに盟友スティーヴ・ホワイト、ギターがスティーヴ・クラドックにベースがデーモン・ミンチェラのオーシャン・カラー・シーンコンビ、そしてキーボードがいて、これは2004年のロック・オデッセイと全く同じ編成だ。選曲は全てソロからだが、オープニングの『Sunflower』からトップギア状態で、以降新旧織り交ぜて演奏され、この人のソロキャリアが総括されているかのようなライヴだ。アンコールではステレオフォニックスのケリー・ジョーンズが登場し、2曲で共演している。

もうひとつは、2001年のクリスマスにBBCで放送されたスタジオライヴで、全13曲のアコースティックパフォーマンスだ。基本はウェラーひとりだが、2曲でスティーヴ・ホワイトがパーカッション参加。また元スクイーズで番組のホストも務めているジュールス・ホランドが、1曲ピアノで参加している。

しかし最大の目玉は、オアシスのノエル・ギャラガーとの共演だ。ジャムの『That’s Entertainment』を2人でアコギをかきならしていて、ノエルはバックヴォーカルも務め脇役に徹している。選曲はソロだけでなく、バンド時代からもセレクト。ジャムの曲は他に『English Rose』『Town Called Malice』を、スタイル・カウンシルからは『Headstart For Happiness』を披露している。日本のファンにとっては、2001年7月の来日公演が思い出されるはずだ。

2つのパフォーマンスのほかにインタビュー映像もあって、ここでは当時の新譜『Illmination』制作に賭ける想いや、ケリーやノエルといった若い世代との価値観の共有を嬉しく思っていることなどを述べている。

関連記事

ポール・ウェラー(Paul Weller)『Stanley Road(Deluxe Edition)』

1995年にリリースしたソロ3作目のデラックスエディションが、10周年を記念して2005年に

記事を読む

ポール・ウェラー(Paul Weller)@横浜ベイホール 2018年1月20日

ポール・ウェラー2年3か月ぶりの来日公演、個人的にも2年3か月前と同じ横浜ベイホール公演以来

記事を読む

スティーヴ・マリオット・メモリアル・コンサート(Steve Marriott: Astoria Memorial Concert)

2001年4月に、スティーヴ・マリオット(スモール・フェイセズ)の没後10年でのメモリアルコ

記事を読む

ポール・ウェラー(Paul Weller)『As Is Now(DVD)』

ポール・ウェラーは2005年にアルバム『As Is Now』をリリースしているが、それにリン

記事を読む

ポール・ウェラー(Paul Weller)@横浜ベイホール 2015年10月17日

ポール・ウェラー(Paul Weller)@横浜ベイホール 2015年10月17日

14日のZepp Divercity公演は現地到着が開演ぎりぎりだったが、今回は開場30分前

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑