*

コーチェラ(Coachella / DVD)

公開日: : 最終更新日:2020/06/13 Radiohead , , , ,

コーチェラ(Coachella / DVD)

2006年にリリースされた、コーチェラ・フェスティバルのDVDを観た。海外のフェスというと、レディングやグラストンベリーはBSで放送されたのを観たことがあった。どちらも英国のフェスで、ではアメリカで行われているコーチェラはどんなだろうと思ったのだ。

まず場所だが、カリフォルニアの広大な砂漠の中の敷地を使っている。開催は99年からで、2000年はお休みしていているが、その後は毎年開催。つまり、フジロックより若いフェスだったのだ。時期は99年のみ10月で、2001年からは4月開催に落ち着いている。ステージは5つから6つあるとのこと。日中はかなり暑そうだ。

DVDは2枚組で、1枚目はライヴパフォーマンス。マーズ・ヴォルタ、ベルセバ、、ケミカル、、レッチリ、ホワイト・ストライプスといった辺りは、ワタシも観たことのあるアーティスト。そして観たことのないアーティストについても、それなりに新鮮に楽しんだ。ベストパフォーマンスは、レディオヘッドの『Planet Telex』かな。

2枚目は、インタビューやフォトギャラリーなどで構成。ドレスデン・ドールズの2人がメイクするシーンがそっくり収められていたのは痛快だったし、メキシコから客として来た青年が、英語で一生懸命熱意を伝えようとしていたのも微笑ましかった。ライヴ以外にも、巨大オブジェの展示や自転車アトラクションなどの様子、ゴミのリサイクル回収、キャンプサイトの様子なども収められている。

不満はいくつかある。イギー&ストゥージズが『I Wanna Be Your Dog』だったのは、あまりにもベタな選曲だ。この曲はイギーがソロでも演奏しているし、どうせならストゥージズ再結成したことで演奏された曲(『1969』とか『Real Cool Time』とか)にして欲しかった。オアシスが『Go Let It Out』だったのも同意。2002年に出演しているが、それなら『The Hindu Times』辺りでもよかったのでは。

そして、2枚組ならもっとライヴパフォーマンスを収録してほしかった(収録は1アーティスト1曲)。アーティスト側が許可するしないという問題もあるだろうが、ナイン・インチ・ネイルズやTool、キュアー、バウハウス、シガー・ロスといった辺りも観たかった。

アメリカのフェスというと、オズフェストやロラパルーザ、ワープトなど、ジャンルに特化したフェスが根付いている印象が強く、そうした中でオルタナ全般を扱うコーチェラは、むしろ異端に見える。しかしフジロックに近いと思える点も多く、個人的には親近感を覚えた。

近年は、各地のフェスがウェブでのストリーミング配信をおこなってくれ、自宅に居ながらにしてフェスの模様を堪能できる。コーチェラは、その先駆けでもあったと記憶している。

関連記事

レディオヘッド(Radiohead)『The Most Gigantic Lying Mouth Of All Time』

レディオヘッドのDVD『The Most Gigantic Lying Mouth Of A

記事を読む

トム・ヨーク『Tomorrow’s Modern Boxes』がサマソニで突如CD発売

トム・ヨークのセカンドアルバム『 Tomorrow’s Modern Boxes』は、去年9月に配信

記事を読む

レディオヘッドがサマソニに!

今日、サマーソニック公式サイトにて、出演アーティストの第1弾の発表があった。まあ、なんといっ

記事を読む

トム・ヨークの新譜をダウンロード購入

サマソニを今週末に控え、日々出演アーティストのアルバムを聴いている。マニックスなど、サード『The

記事を読む

レディオヘッド(Radiohead)『The King Of Limbs Live From The Basement』

レディオヘッドが、2011年にリリースした新譜『The King of Limbs』にリンク

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑