*

エイリアン2(1986年)

エイリアン2

宇宙船ノストロモ号での悲劇からただひとり生き残ったリプリーは、自らを冷凍睡眠させて救出を待ったが、実際に救出されたのはなんと57年後だった。おまけにエイリアンの話は信じてもらえず、船を爆破したという容疑までかけられてしまう。しかし、ある植民惑星との連絡が途絶え、エイリアンの痕跡があるらしいことから、リプリーは探査団に志願する。

1作目は、宇宙船内という密室の中での、一匹のエイリアンによってもたらされる恐怖がすさまじかった。2ではエイリアン・クイーンによって無数のエイリアンが量産され襲われるという、また別の恐怖が待ち受ける。しかし今回は軍隊がいるので、ショットガンや火炎放射器でエイリアンに対抗。エイリアンと戦った経験のあるリプリーは、植民惑星のたったひとりの生き残りの少女ニュートを救うため、敢然とエイリアンに立ち向かう。

監督はジェームズ・キャメロンで、この3年前に「ターミネーター」を低予算ながら興行的に成功させたことで、本作の監督というチャンスを与えられた。ワタシは断然リドリー・スコット監督の1派なのだが、と言って2がダメダメなわけでもない。1では誤操作を起こしたアンドロイドだが、2でランス・ヘンリクセン演じるビショップは、1度はエイリアンに破壊されるも、終盤ではリプリーやニュートをサポートする。

キャメロンらしいと思うのが、男が女を守ろうとして戦い、傷つき、その男を女の方が守るというアプローチがみられることだ。ここでは、リプリーとヒックスがそうだが、「ターミネーター」のサラ・コナーとカイル然り、「タイタニック」のジャックとローズ然り、「アバター」のネイティリとジェイク然り。つまりは、キャメロンによる理想の女性像なのだと思われる。そして、ヒックスもカイルも、演じているのはマイケル・ビーンだ。これって偶然?

関連記事

プロメテウス(2012年)

西暦2093年。地球外の惑星に人類の起源となる生物と思われる「エンジニア」が存在した可能性が

記事を読む

エイリアン(1979年)

西暦2122年。地球に帰還途中の宇宙貨物船ノストロモ号は、救助信号をキャッチしてその惑星に降

記事を読む

エイリアン4(1997年)

原題は「Resurrection」で、前作「3」で完結したと思われていたシリーズの復活、およ

記事を読む

エイリアン・コヴェナント(ネタバレあり)

エイリアン・コヴェナント(かなりネタバレあり)

西暦2104年。宇宙船コヴェナント号は2000人の移民者を収容し、惑星「オリエガ6」に向けて

記事を読む

エイリアン3(1992年)

前作「2」のラストでエイリアンをエアロックで宇宙に放出し、宇宙船で脱出したリプリー。しかし、

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑