*

三栖一明「向井秀徳展」に行ってきた

公開日: : ZAZEN BOYS

三栖一明「向井秀徳展」

ZAZEN BOYS/ex-ナンバーガールの向井秀徳の展示があることを知り、観に行ってきた。会場は、渋谷スペイン坂にあるギャラリーエックス・バイ・パルコというところだ。

展示物の多くは、デザイナー三栖一明が手がけたもののようだ。向井とは同級生で、一緒に福岡から上京したとのこと。ナンバーガール、ZAZEN、向井のソロなどに関わり、向井とは「戦友」の間柄にあるのかもしれない。一時期は東芝EMIの社員だったらしく(ナンバーガールがEMI所属だった頃かも)、そのときの名刺もあった。

壁には福岡時代・インディーズ時代と思しきチラシも貼られていて、女性ベーシストを募る内容や、バックドロップボムとの対バン告知など、手作り感ありありのチラシを確認することができた。向井が関与していないと思しき、三栖の作品もあった。いくつかのジャケットには、向井のサインが入っていた。

この展示のメインは、ナンバーガール未発表のライヴ映像だ。約2時間に及び、来場者のほとんどはこの映像に釘付けになっていた。ワタシが訪れたときは1996年のライヴになっていて、時期的にはメジャーデビュー前、上京前のライヴと思われる。カメラワークは時折手ブレが起こるものの、全員のショットをはじめ、向井、田渕、中尾、アヒトの4人を時折クローズアップするなどしている。そして演奏だが、スタイルの軸は既に出来上がっているように思え、後の活躍を予感させる。

来場者は若い人が多かったので、2002年に解散しているナンバーガールを実際に観たことのないファンもいたのかもしれない。個人的には、単独公演こそないがフェスやイベントで計3度ナンバーガールを観たことがあって、それは今では貴重な体験になったと感じている。

三栖一明「向井秀徳展」は、8月14日(月)まで開催されています(入場料500円、1ドリンク付)。

関連記事

The Pop Group

Zazen Boys/KK NUEL_Liquid Room Ebisu

ポップグループのライヴで恵比寿のリキッドルームに来ている。サポートアクトが2組あった。 KK

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑