*

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年)

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年)

1969年、アポロ11号が月に降り立った際、実は宇宙飛行士は極秘任務を遂行していた。通信不能を装い、月の裏側に不時着していた宇宙船を調査していたのだ。その宇宙船はトランスフォーマーのものとわかり、NASAとアメリカ政府は極秘事項とし続けてきた。そして現代。極秘事項を知ったオプティマスは、月の宇宙船から、オートボットの前指導者センチネルを救出し、センチネルが開発した兵器と共に地球に帰還。その事実を掴んだメガトロンも、再び動き出した。

シリーズ3作目にして完結編。シャイア・ラブーフ演じる主人公サムは社会人になっていて、前作までの恋人と別れたことになっている(ミーガン・フォックスの態度に問題があって降板)。本作では、カーリーという新しい恋人を伴っている(またしても色っぽいが、女優の演技は・・・)。サムの活躍は公になっていないこともあって、サムは大学卒業後も無職。そんなサムを採用した会社の役員をジョン・マルコビッチが演じているのだが、観ていても気づかなかった(汗)。

本作はシリーズ初の3Dで、オートボットやディセプティコンなどのCGは、当然それに乗っかってきて視覚に訴えてくる。後半の戦闘シーンの舞台はシカゴの高層ビル群で、目まぐるしいカメラワークも素晴らしい。そして、前2作では、ぶっちゃけ人間はオートボットなしにはメガトロンには全く歯が立たなかった。しかし本作では、ディセプティコンの目を狙うことで倒すなど、それなりに健闘している。人間がオートボットにべったり依存しているのではなく、共闘しているさまが伺えていて、これは成長だと思う。

さて、シリーズ完結編などと銘打たれてはいるが、サムを主人公とする物語がひと区切りついたということだ。現在は、マーク・ウォールバーグ演じるケイドを主人公とする物語が進行中。金属生命体は、壊されることはあっても余程のことがなければ死なないようなので、続編はいくらでも作れるのではないかな。

関連記事

トランスフォーマー/リベンジ(2009年)

大学生になったサムは、親元を離れることに。その直前、2年前のオートボットとメガトロンとの戦い

記事を読む

トランスフォーマー 最後の騎士王(ネタバレあり)

トランスフォーマー/最後の騎士王(ネタバレあり)

オートボットのオプティマスプライムは故郷の星サイバトロン星に向かうが、創造主クインテッサに洗

記事を読む

トランスフォーマー/ロストエイジ

トランスフォーマー/ロストエイジ(ネタバレあり)

テキサスで廃品業を営むケイドは、男手ひとつで育てた娘テッサと暮らしていた。あるときケイドは古

記事を読む

トランスフォーマー(2007年)

現代。中東カタールの米軍基地にヘリが現れ、ロボットに変形して基地を破壊し、データのハッキング

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑