*

フジロック’17(Fuji Rock Festival)を振り返る(2) – アーティスト編

フジロック’17(Fuji Rock Festival)を振り返る(2) – アーティスト編

【期待以上によかった】
、LCDサウンドシステム、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、小沢健二、ゴリラズ、ザ・エックス・エックス、マギー・ロジャース

【期待通りによかった】
、ロード、キャットフィッシュ・アンド・ボトルメン、ジ・アマゾンズ、原始神母、ルート17

【儲けもの】
デイウェーヴ、ジ・アヴァランチーズ、ドクトル・プラッツ、マーテル

【期待しすぎたかなあ】
、コーネリアス

【可もなく不可もなく】
ルーカス・グラハム

観たアーティスト数は、初日8組、2日目7組、3日目5組で、計20組。去年は19組だったので、ほぼ同等になる。ステージ別にすると、グリーンステージが9組。ホワイトステージが5組。レッドマーキーが4組。フィールド・オブ・ヘヴンとジプシーアヴァロンが1組ずつ。

雨や混雑具合や体力面などを考慮し、当初は観る予定だったがスルーしたアーティストもいる。エイフェックス・ツインはオザケン渋滞でいかんともしがたく、ジェットはスロウダイヴに専念すべく切った。ゴールデン・カップスは観たかったが、Coccoをフルで観た後では、ヘヴンまで移動して観られるのはラスト10分だけと思い、断念。ロードをフルで観た後はビョークに備えることとし、また観られる機会はあるはずと考え、ストライプスもスルーした。

去年のルート17には八代亜紀がピンクのロングドレスで降臨したが、今年は加山雄三だ。80歳とは思えぬバイタリティーで、自らギターも弾き、そしてもちろん『君といつまでも』も歌ってくれた。ココは大物枠になりそうで、来年以降も誰が加わるか楽しみ。ユーミンや小林幸子もありうるかも。

フジロックに参加された皆さん、おつかれさまでした。

関連記事

Cocco@フジロック’17

先日の武道館2公演も記憶に新しく、大好きなアーティストなので、敢えて言おう。 出だしに

記事を読む

ビョーク(Bjork)@フジロック’17

以前、フジロックのオーガナイザー日高さんが、ビョークはいつも完璧にコンセプトを作り上げてライ

記事を読む

小沢健二など。フジロックフェスティバル’17(Fuji Rock Festival)、出演アーティスト発表

フジロックの出演アーティスト第2弾が発表された。日本勢を中心とした18組がエントリーされた。

記事を読む

デイウェーブ(Day Wave)@フジロック’17

観たのは後半のみだが、レッドマーキーに向かっているとジョイ・デイヴィジョンのカヴァーが漏れ聴

記事を読む

LCDサウンドシステム(LCD Soundsystem)@フジロック’17

セットチェンジ中、初日のルート17前に匹敵する激しい雨が降ったが、開演する頃にはなんとか小降

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑