*

ロード(Lorde)@フジロック’17

公開日: : Fuji Rock Festival'17

ロード(Lorde)@フジロック'17

3年前のロードのステージは、衝撃だった。個人的にレッドマーキーで観たアーティストの中でも、2002年ザ・ミュージックをしのぐ、マーキーのベストパフォーマンスだったと思う。しかも、当時若干17歳。今回はグリーンステージのトリ前に進出したが、まだ若干20歳だ。

だだっ広いグリーンステージに、機材設置はコンパクトだ。ドラムを中央に、両サイドにキーボード/プログラミングという具合。3年前より、キーボードプレーヤーがひとり増えている。そして、最後にロード登場。黒のドレス姿で、足元は白いスニーカーだ。やはり、存在感がある。

今年セカンドアルバム『Melodorama』をリリースし、持ち歌のレパートリーが増えた。それだけでなく、パフォーマーとしての表現力も増強された。広いステージを忙しく歩き回り、体を前後に折るようなダンスをし、ステージの縁に腰掛けて歌ったり、歌い終わりに寝転んでみたり。MCもかなり豊富で、本人も3年前にレッドマーキーに出演したことを語っていた。シンガーにとどまらず、演劇的な要素も加わってきている印象だ(開演直前のBGMがケイト・ブッシュだったのが暗示的だった)。

2人になったキーボーディストだが、どちらがどう分担していたのかはわからなかった。SEやサンプリングも、どちらかが担っていたのではないかと思われる。両サイドのスクリーンはロードを捉え、バックドロップのスクリーンはPVなどを流していた。

『Royals』を経て、彼女はスニーカーを脱いだ。そして次の曲で、なんと歌いながらステージを降りてしまい、モッシュピットに突入。2001年にパティ・スミスが『Dancing Barefoot』のときにステージを降りてモッシュピットに突入した後、ステージに戻ってブーツを脱いだことがあった。それを思い出したが、ロードは逆で、裸足でステージを降りてしまってケガとかしなかっただろうかと心配になった。

ラストは『Green Light』で、彼女には珍しいアッパーな曲調は、オープニングでもラストでもいける万能チューンになりそうだ。彼女は「see you soon」と言っていたので、近いうちに単独公演での再来日が実現するかも。

関連記事

ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム

ザ・ゴールデン・カップス(以下カップス)のドキュメンタリー映画を観た。 カップスは19

記事を読む

LCDサウンドシステム(LCD Soundsystem)@フジロック’17

セットチェンジ中、初日のルート17前に匹敵する激しい雨が降ったが、開演する頃にはなんとか小降

記事を読む

小沢健二@フジロック’17

渋滞のため、ホワイトステージにかかる橋のところから進みが遅くなった。エリア内は既にすし詰めで

記事を読む

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ(QOTSA)@フジロック’17

待った。2002年にデイヴ・グロールがドラマーのQOTSAも観たことは観たが、その後2度に渡

記事を読む

Cocco@フジロック’17

先日の武道館2公演も記憶に新しく、大好きなアーティストなので、敢えて言おう。 出だしに

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑