*

フジロックフェスティバル’17(Fuji Rock Festival)、タイムテーブル発表

ロード『メロドラマ』

例年タイムテーブル発表は7月第1金曜だったので、今年は来週が本命、あわよくば今日発表という予想をしていた。すると、今日お昼前に公式サイトで発表があった。個人的な所感としては、思ったほどかぶっていない。

初日。ヘッドライナーはホワイトステージのクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジを途中まで観てから移動し、グリーンステージのゴリラズを観ることになりそうだ。例年だと、ホワイトのヘッドライナーの方が開始時間が遅く、グリーンからホワイトに移動する場合、アーティストによっては入場規制がかかってしまうこともあるので、このタイムテーブルは嬉しいところ。

2日目。絶対かぶるだろうと思っていたコーネリアスとオザケンが、まさかのかぶりなし。これは意外。そして、コーネリアス以降はグリーンとホワイトを行ったり来たりすることになりそうで、体力消耗に備えなくては。日中のグリーンCoccoとフィールド・オブ・ヘヴンのゴールデン・カップスが半分かぶっていて、移動時間も考えると、Coccoをフルで観た場合、カップスを観られるのはわずかになるかも。これは予想していたのだが、ちょっと痛い。

3日目。ホワイトのアウスゲイルとレッドマーキーのストライプスがまるかぶり。これも予想していたことで、前後にグリーンステージでロードとビョークがあることから、今回はストライプスにするかも。にしても、なんでスロウダイヴをマーキーにするかなあ。3年前だってマーキーで満員すし詰めだったのに。

ともあれ、タイムテーブルを例年踏襲のガチガチにはせず、フレキシブルに調整してくれているのがうかがえ、ありがたい。開催まで1ヶ月を切り、当日の予定をたてやすくなった。個人的には、3日ともスロースタートにできそうだ。

関連記事

ビョーク(Bjork)@フジロック’17

以前、フジロックのオーガナイザー日高さんが、ビョークはいつも完璧にコンセプトを作り上げてライ

記事を読む

ドクトル・プラッツ(Doctor Prats)@フジロック’17

昨夜の前夜祭にも出演している、ドクトル・プラッツ。スペインの7人組で、ヴォーカル、トランペッ

記事を読む

ジ・アヴァランチーズ(The Avalanches)@フジロック’17

3人組ユニットと聞いていたが、ステージにはサポートも含んで6人くらいはいただろうか。男女ツイ

記事を読む

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ(QOTSA)@フジロック’17

待った。2002年にデイヴ・グロールがドラマーのQOTSAも観たことは観たが、その後2度に渡

記事を読む

コーネリアス(Cornelius)@フジロック’17

予定の5分ほど前からドラムやギターの生音が鳴り、幕で覆われたステージにバンドは既に陣取り演奏

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑