*

草間彌生展「わが永遠の魂」に行ってきた

公開日: : アート展

草間彌生展「わが永遠の魂」

ゴールデンウィーク後半初日の5月3日、朝イチで国立新美術館に行ってきた。9時15分頃に着き、草間彌生展の列に並んだ。9時30分に開館し、展示ブース前で少し待った後に入場。混雑する前だったので、どの展示物も快適に観ることができた。

草間彌生展「わが永遠の魂」

最初のブースのみ撮影可能。草間のトレードマークと言っていい、カラフルな水玉模様がいっぱいに広がっていた。中央にはいくつかのオブジェが並んでいた。それらには、正面や裏面が特になく(ほんとはあるのかもしれないけど)どの角度から観ても楽しめるようになっていた。壁にはりめぐらされた絵画の数々も、見応えがあった。1枚1枚にテーマがあるのだが、生と死がテーマになった絵が結構あった。近年の作品がほとんどで、この展示のために描いたのかもしれない。

次のブースが、草間の生い立ちから現在に至るまでを、作品と解説でフォロー。長野県松本市に生まれ、幼少期に幻覚を観たことから画家になることを志したそうだ。作風の骨格は、少女期で既に確立されている。若い頃はニューヨークを、現在は東京を拠点にして、活動しているそうだ。

カボチャ

草間の展示ブースは、室内に留まっていなかった。新美術館の外にも、大きなカボチャのオブジェがあり、また、木々には赤白の水玉模様のデコレーションがされていた(つまり、これらはチケットがなくても観て楽しむことができる)。

草間彌生展「わが永遠の魂」展は、5月22日(月)まで開催されています。草間は現在87歳!にして現役!すごい。

草間彌生展「わが永遠の魂」展(国立新美術館の特設サイト)

関連記事

バベルの塔展

ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきた

上野の東京都美術館で開催されている、ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきた。 順路は

記事を読む

「怖い絵」展

「怖い絵」展を観に行ってきた

上野の森美術館で開催されている、「怖い絵」展を観に行ってきた。ドイツ文学者の中野京子が200

記事を読む

国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話

「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」に行ってきた

両国の江戸東京博物館で開催されている、古代エジプト展を観に行ってきた。 展示は古代エジ

記事を読む

大英自然史博物館展

大英自然史博物館展に行ってきた

上野の国立科学博物館で開催されている、大英自然史博物館展を観に行ってきた。名前が若干紛らわし

記事を読む

長岡秀星回顧展

「長岡秀星回顧展 SPACE FANTASY -透明な宇宙を求めて」に行ってきた

イラストレーター・画家の長岡秀星の回顧展が代官山ヒルサイドフォーラム(蔦屋書店の少し手前にあ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑