*

攻殻機動隊Stand Alone Complex / Solid State Society

公開日: : 攻殻機動隊

攻殻機動隊Stand Alone Complex Solid State Society

攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIGの後になる長編作品が、「Solid State Society」だ。時間軸としては、2nd GIGから2年後の2034年が舞台。草薙素子は公安9課から姿を消したことになっていて、バトーはリーダーの要請を断り、トグサが新しいリーダーとしてチームは再始動している。

テロ工作員が次々に自殺する事件が発生し、公安9課は捜査を進めるうちに、「傀儡廻」なるハッカーが裏で動いていることがわかる。バトーは操作を続ける中で素子と遭遇し、「Solid Stateには近づくな」という忠告を受ける。バトーは、「傀儡廻」の正体は素子ではないかと考えるようになる。

少子高齢や介護といった、現代社会でも問題視されていることがテーマにある。というか、テクノロジーが発達しつつ、ワタシたちが年老いていけばこのような世の中になるのでは、というひとつのモデルを提示している。Solid Stateとは、虐待された児童を誘拐して電脳・義体化を施し、戸籍を改竄して高齢者の養子として登録。高齢者の死後、その遺産で生活するというシステムのことだ。ひとり暮らしの高齢者を介護し、虐待された児童は自活できるという仕組みの構築だ。一見正しいことをやっているようにも思われるが、9課課長の荒巻は犯罪だとバッサリ切り捨てる。

2nd GIGとSolid State Societyとの間には2年の時間があり、この間に何かが起こって素子は失踪している。ちょっとだけ、映画版の「Ghost In The Shell」~「イノセンス」のくだりを思い起こさせる。「傀儡廻」は「人形使い」とダブるしね。ただし、今回素子は中盤以降で9課と合流し捜査を進めている。

関連記事

攻殻機動隊ARISE ‘border:less experience,

攻殻機動隊ARISE ‘border:less experience,

日本科学未来館で行われた、「攻殻機動隊ARISE」イベントに行ってきた。3組のライヴと、2回のトーク

記事を読む

ゴースト・イン・ザ・シェル

ゴースト・イン・ザ・シェル(ネタバレあり)

原作は士郎正宗によるマンガで、日本では数種類のアニメ版が存在している。今回はハリウッド実写映

記事を読む

ユリイカ2005年10月号 特集=攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

2005年に出版されたムックで、ワタシは2012年に入手し、読んでいた。 タイトルの通

記事を読む

イノセンス(2004年)

2032年。少女型のアンドロイド(劇中ではガイノイドと呼ばれている)が暴走して人間を殺害する

記事を読む

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(1995年)

2029年。技術の進歩により、人間の脳から直接ネットワークに接続できる電脳化、および人体のサ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑