*

宝島社ムック「DAVID BOWIE」

公開日: : 最終更新日:2019/10/11 David Bowie ,

宝島社「DAVID BOWIE」

宝島社から、デヴィッド・ボウイ大回顧展に先駆けるように去年12月に発売されたムック本がある。

写真は、まず冒頭に鋤田正義撮影のものが惜しみなく使われている。73年初来日、77年のイギー・ポッププロモ来日帯同時に撮影したもの、80年京都(CM撮影のための来日だろうか)など、日本人にとってはボウイをより身近に感じられて嬉しい限り。そのほか、イタリアはボローニャで開催された大回顧展のものもある。日本の大回顧展に行った身としては感動がよみがえる一方、展示物の配置が日本とは微妙に異なっていることに気づく。

ボウイのロングインタビューも掲載。『Heathen』リリース時のものだそうで、自身の活動はもとより、ソニック・ユースやピクシーズについても言及している。彼らは優れたいいバンドなのに、なかなか世に認知されないと嘆いていた。また、バイオグラフィーやコンパクトながらディスコグラフィーもある。ボウイをあまり知らず、そしてかいつまんで知りたい人にとっては、ありがたいコーナーかも。

そして、このムックの真の価値は付録のトートバッグにある。ヒステリックグラマーとのコラボレーションで、アラジン・セインのボウイがプリントされている。ぶっちゃけ、書店で見かけたとき一度はスルーしたのだが、トートバッグほしさに買ったのだった(笑)。なので本編の方にはあまり期待していなかったのだが、上記の通りだ。個人的にトートバッグを使う習慣がないのだが、これなら使うかも。

関連記事

鋤田正義写真展「シャッターの向こう側」(2006年5月)

銀座で行われている、鋤田正義写真展「シャッターの向こう側」を観に行ってきた。 場所は、

記事を読む

ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡

「ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡」を観た

1970年。デヴィッド・ボウイはギタリストを探していて、人づてにミック・ロンソンを知る。当時

記事を読む

デヴィッド・ボウイ 増補新版 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)

デヴィッド・ボウイ関連の書籍を、いくつか買って読んでいる。今回は、河出書房から出版されている

記事を読む

デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」

デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」に行ってきた

2013年にロンドンで開催された、デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」

記事を読む

Pen(ペン) 2017年 2/1号 [デヴィッド・ボウイを見たか。]

penという、ファッションやアート、音楽などのカルチャーをテーマとする雑誌がある。1月16日

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑