*

宝島社ムック「DAVID BOWIE」

公開日: : David Bowie

宝島社「DAVID BOWIE」

宝島社から、デヴィッド・ボウイ大回顧展に先駆けるように去年12月に発売されたムック本がある。

写真は、まず冒頭に鋤田正義撮影のものが惜しみなく使われている。73年初来日、77年のイギー・ポッププロモ来日帯同時に撮影したもの、80年京都(CM撮影のための来日だろうか)など、日本人にとってはボウイをより身近に感じられて嬉しい限り。そのほか、イタリアはボローニャで開催された大回顧展のものもある。日本の大回顧展に行った身としては感動がよみがえる一方、展示物の配置が日本とは微妙に異なっていることに気づく。

ボウイのロングインタビューも掲載。『Heathen』リリース時のものだそうで、自身の活動はもとより、ソニック・ユースやピクシーズについても言及している。彼らは優れたいいバンドなのに、なかなか世に認知されないと嘆いていた。また、バイオグラフィーやコンパクトながらディスコグラフィーもある。ボウイをあまり知らず、そしてかいつまんで知りたい人にとっては、ありがたいコーナーかも。

そして、このムックの真の価値は付録のトートバッグにある。ヒステリックグラマーとのコラボレーションで、アラジン・セインのボウイがプリントされている。ぶっちゃけ、書店で見かけたとき一度はスルーしたのだが、トートバッグほしさに買ったのだった(笑)。なので本編の方にはあまり期待していなかったのだが、上記の通りだ。個人的にトートバッグを使う習慣がないのだが、これなら使うかも。

関連記事

デヴィッド・ボウイさん(David Bowie)さん死去

祝日だったこともあるが、今日ほどリツイートしまくった日はない。 デヴィッド・ボウイさん

記事を読む

ユリイカ 2016年4月号 特集=デヴィッド・ボウイ

文芸雑誌ユリイカの、デヴィッド・ボウイ特集号を読んだ。昨年1月のボウイの死を受けて特集され、

記事を読む

ハンガー(1983年)

何世紀も生き続けている吸血鬼ミリアム。その時代時代でパートナーと生活を共にし、日ごと若い男女

記事を読む

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬@ジャック・アンド・ベティ

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬@ジャックアンドベティ

デヴィッド・ボウイやマーク・ボランの写真を撮った、鋤田正義さんのドキュメンタリー映画「SUK

記事を読む

ポール・スミス展

ポール・スミス展

先日、上野の森美術館で開催されていた、ポール・スミス展に行ってきた(8月23日で終了)。

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑