*

パッセンジャー(ネタバレあり)

パッセンジャー

地球から120年かけて他の惑星に移民するべく、宇宙船アヴァロンは航行。しかし、人工冬眠機器の故障により、技術者のジムは90年早く目覚めてしまった。まるで都市のような広大な船内にひとりだけとなり、孤独感におそわれる。1年が経過して自堕落な生活に陥り、一度は自殺も考えたジムだったが、思いとどまる。

あるとき、ジムは冬眠中の女性のひとりオーロラに惹かれる。彼女を目覚めさせることを考えるが、それは彼女の人生を変えてしまうことにもなり、ジムは苦悩。しかし、結局寂しさに耐えられずに彼女を目覚めさせてしまう。ジムと同じく最初は激しく動揺したオーロラだったが、共同生活が続くうち、2人は惹かれあっていく。

広大な宇宙船ではあるがある意味密室でもあり、隔離された空間、しかも目的地はおろか地球に引き返すこともできない極限状況の中で、人はどうなるか、いやどうするかを考えさせられる。この作品、結構賛否分かれているが、その焦点はジムがオーロラを故意に目覚めさせてしまったことをどう受け取るかだろう。たとえどんな理由があろうとも身勝手で到底許されないと見るか、この状況では致し方ないと見るかだ。

個人的にはラヴストーリーにあまり興味はないので、この作品もSFとして楽しんだ。映像はとてもきれいで、「ゼロ・グラビティ」「ローグ・ワン」にも決して劣らない。ジムやオーロラが何度か船外に出て、画面に宇宙空間が広がる場面。スペースコロニーのような宇宙船アヴァロン号のフォルム。通常公開だったが、ぜひIMAX3Dで観たかった。

キャストはとても少ないが、ジムをクリス・プラット、オーロラをジェニファー・ローレンス。終盤、人工冬眠器の故障で目覚めるクルーは、。クリス・プラットは「ジュラシック・ワールド」と同様、肉体こそマッチョだが精神的にはナイーブな面も持ち合わせる。ジェニファー・ローレンスは今回ブロンドで、今回は作家役なのだが、どこか「アメリカン・ハッスル」でんぶっ飛んだキャラクターがちらついてくる。

ジムとオーロラのよき話し相手になっているのが、バーテンダーのアンドロイド、アーサーだ。気の利いたアドバイスを2人にしているかと思えば、ジムが口止めしていたのをオーロラが「2人の間に秘密はないわ」のひと言からの解釈し、オーロラが目覚めたいきさつを本人に言ってしまう。演じているのはマイケル・シーンという人だ。

関連記事

ウォー・ゲーム(1983年)

高校生のデヴィッドは、自分の学校のコンピュータにハッキングして成績を書き換えるなど、パソコン

記事を読む

スピード・レーサー(2008年)

小さい頃、レーサーの兄にあこがれていたスピード。しかし兄は事故死してしまい、数年後兄の遺志を

記事を読む

爆裂都市 BURST CITY(1982年)

舞台は、自由や快楽、暴力が渦巻く都市。人気ロックバンド、バトル・ロッカーズとパンクバンドのマ

記事を読む

ルーパー(2012年)

2044年が舞台。30年後の2074年において、犯罪組織が証拠を残さず敵を処理する際、敵をタ

記事を読む

タイム(2011年)

近未来。遺伝子操作により長寿が可能になった人類は、25歳以降は労働により稼いだ時間を通貨とし

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑