*

小沢健二など。フジロックフェスティバル’17(Fuji Rock Festival)、出演アーティスト発表

公開日: : 最終更新日:2021/03/14 Fuji Rock Festival'17 , ,

小沢健二『LIFE』

フジロックの出演アーティスト第2弾が発表された。日本勢を中心とした18組がエントリーされた。

話題はなんと言ってもオザケンこと小沢健二だ。今年19年ぶりにシングルをリリース。テレ朝のMステに出演すると、本人がフライングでフジロック出演を発表。今から2週間前のことだ。日テレ『スッキリ!』にも出演し、精力的にプロモーションしている。ワタシも、コーネリアスは何度か観ているが、オザケンは観たことがない。ので、フジの舞台はいい機会になるはずだ。

しかし、正直言って今回の発表は物足りない。1ヶ月待たされてこれか、という感じ。第1弾が充実しすぎていたこともあるが、例年ならこの時期は洋楽勢のエントリーが中心なはずなのに、既に日本勢って、ブッキングに苦戦してるかと思ってしまう。気は早いが、第3弾の発表に期待する。

それよりも気になる動きがある。シガー・ロスの単独来日公演が発表され、その日程がフジロックの翌日からなのだ。一瞬、コレはフジとセットの来日ではと思ったが、個人的予想では彼らの「正式な」フジ出演はないと見る。プロモーターが違うこと、シガー・ロスは去年ヘッドライナーとしてフジに出演しているので、2年連続は考えにくいこと。そして、既にビョークの出演が決まっているので、アイスランドを2組迎えることはないと思うのだ。

「正式な」フジ出演はないと思うが、別の形での可能性はあると考える。前乗りしてプライベートで苗場に遊びに来るとか(苗場は結構遠いけどね)、あるいは、ビョークのステージに飛び入りして共演するとか。彼らも、苗場の環境の素晴らしさは知っているはずだしね。

だいぶ前の話だが、2000年にサンタナが来日したとき、プライベートで日本に来ていたエリック・クラプトンが武道館公演に飛び入りしたことがあった(クラプトンは、格闘技PRIDEを観に来ていた)。また、ワタシ個人の実体験では、2001年にJ・マスキスのライヴを観に行ったとき、翌週から公演を行うソニック・ユースのサーストン・ムーアが飛び入りしたことがあった。JのプロモーターはH.I.P.、ソニック・ユースはスマッシュだったはずだ。当人たちの息が合ってやりとりする分には、プロモーターは関係ないんだなと、そのとき思ったものだ。

関連記事

小沢健二@フジロック’17

渋滞のため、ホワイトステージにかかる橋のところから進みが遅くなった。エリア内は既にすし詰めで

記事を読む

ドクトル・プラッツ(Doctor Prats)@フジロック’17

昨夜の前夜祭にも出演している、ドクトル・プラッツ。スペインの7人組で、ヴォーカル、トランペッ

記事を読む

ルーカス・グラハム(Lukas Graham)@フジロック’17

デンマークはコペンハーゲン出身の若手トリオ、と聞いていたが、ステージにはヴォーカル、ベース、

記事を読む

スロウダイヴ(Slowdive)@フジロック’17

復活ジェットも気になりはしたが、スロウダイヴをどうしても前の方で観たかったので、レッドマーキ

記事を読む

フジロックフェスティバル’17(Fuji Rock Festival )、ステージ割発表

先週発表がなかったこと、毎年6月第1週にはステージ割が発表されていることから、今日は発表があ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑