*

マリー・アントワネット展を見に行ってきた

公開日: : アート展

マリー・アントワネット展

宇宙と芸術展」からのはしごで、森アーツセンターギャラリーで開催されている「マリー・アントワネット展」を見に行ってきた。こちらは大混雑で、客の8割くらいが女性だった。

展示は、彼女の生い立ちをなぞるように進んでいた。オーストリア大公の娘として生まれ、14歳でフランスのルイ16世に嫁いだ。贅沢を尽くし、最後はフランス革命のさなかで37歳で処刑されてしまう。

複雑な家系図、プライベート空間の再現、バッキンガム宮殿の模型、そして数多くの肖像画。宣材ポスターにも使われている、薄いブルーのドレスをまとった肖像画が、特に印象的だった。意外だったのは、母マリア=テレジアの影響とかで、日本の漆器を愛用していたことだ。時代は18世紀後半で、日本はまだ江戸時代で鎖国中のはずなのだが、フランス王室の力のなせる技なのだろうか。

個人的には、入り口は「ベルサイユのばら」で、もう少し踏み込んだのはソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演の映画「マリー・アントワネット」だった。今回の展示で、またちょっとだけ踏み込むことができたかな。

「マリー・アントワネット展」は、2017年2月25日まで開催されています。

「マリー・アントワネット展」公式サイト

No tags for this post.

関連記事

2013年のソニービル

2013年3月、銀座ソニービル1階のカフェが期間限定でデヴィッド・ボウイ・カフェになり、行っ

記事を読む

IMG_20170326_133201

It’s a Sony展に行ってきた

銀座のソニービルが3月31日をもって閉鎖され、解体される。ソニー製品のプロモーションとして5

記事を読む

宇宙と芸術展を見に行ってきた

六本木ヒルズの森美術館で開催されている、「宇宙と芸術展」を見に行ってきた。 前半のブー

記事を読む

篠山紀信展 写真力

篠山紀信展 写真力

横浜美術館で開催されている、篠山紀信展に行ってきた。 展示はいくつかのテーマ毎に区切ら

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑