*

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART.2(2011年)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART.2(2011年)

分霊箱を次々に壊す、ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人。その最後のひとつがホグワーツ魔法魔術学校にあることがわかり、3人は危険を承知で学校に戻る。校長になっていたスネイプはハリーたちを倒そうとするも、ミネルバ先生たちが対抗。しかし、学校の外にはヴォルデモートの軍団が構えていて、ハリーを捕らえるため一気に向かってきた。

長きに渡って作られてきた映画版も、今回がついにシリーズ第8作の完結編だ。最後の決戦の舞台が学校になったのは妥当で、これまでの作品に登場してきたキャラクターが、死者をも含め再登場し、オールスターキャストの様相を呈している。

これまで謎になっていたことも、ここで次々に明らかになっていく。その中でも極めつけと思うのが、スネイプに隠された悲しいエピソードだろう。

スネイプとハリーの母リリー、そしてハリーの父ジェームスは言わば三角関係にあった。リリーとジェームスが結婚しハリーが生まれても、スネイプは生涯リリーを想い続け、ヴォルデモートにリリーが狙われ殺されたことを悲しんだ。

リリーを守れなかったダンブルドアをスネイプは逆恨みするというアウトラインもあるが、ダンブルドアはわざとスネイプに自分を殺させてヴォルデモートの信用を得るよう仕組んだというくだりまである。悪と思われていたスネイプは、実は非常にピュアな人だったのかもと思わせる。

クライマックスは、ハリーとヴォルデモートとの一騎討ちだ。ニワトコの杖をダンブルドアから手に入れるも、力を発揮できないヴォルデモートは、前の主がダンブルドアを殺したスネイプと考え、それで自らスネイプを殺した。がしかし、ダンブルドアとの間にはドラコが介在していて、ドラコを制していたのがハリーだった。分霊箱も壊されたヴォルデモートには、ハリーを倒すことはできなかった。

ラストは、なんと19年後。ロンとハーマイオニーは結婚し、ハリーはロンの妹ジニーと結婚していて、彼らの子供がキングスクロス駅からホグワーツ魔法魔術学校に向かうところで終わる。ドラコとその子供までいるし。

一話完結ではない、続き物として8部作でひとつの物語を描き切ったのは、素晴らしい。「」は全9部作の構想だが、現時点で公開済みなのはエピソード7までだしね。

関連記事

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)

ヴォルテモートの復活を認めようとしない魔法省は、ハリーを強引に裁判にかけたり、魔法魔術学校に

記事を読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)

両親のいないハリー・ポッターは人間の家に預けられて育つが、半ば虐げられている状態。11歳にな

記事を読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(ネタバレあり)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(ネタバレあり)

1927年。アメリカ魔法省に拘束されていたグリンデルバルドが脱走し、パリに拠点を構える。一方

記事を読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)

ハリーは、アズカバンを脱獄したシリウス・ブラックが自分の命を狙っていることを知る。シリウスは

記事を読む

ユリイカ 2016年12月号 特集=『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』の世界 を読んだ

文芸雑誌ユリイカで、ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストの特集本を読んだ。実は出版

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑