*

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)

ヴォルテモートの復活を認めようとしない魔法省は、ハリーを強引に裁判にかけたり、魔法魔術学校に介入したりするようになる。実技を伴わない理論と試験のための授業をするようになったことから、ロンとハーマイオニーは自衛のためのダンブルドア軍団を秘密裏に結成し、ハリーを教師役に迎える。

クライマックスは、魔法省でのダンブルドア軍団とヴォルテモートの手下との攻防。子供と大人、少人数と大勢、危うし・・・そのとき「不死鳥の騎士団」としてシリウスやルーピンらが現れ、ハリーたちを救う(しかし、シリウスは敵の呪文にかかって消えてしまう)。この後ついにヴォルテモートが登場し、ハリーとダンブルドアで追い払う。

シリーズ第5作。前作のラストが暗すぎたことを受けてなのか、今作前半の魔法省からの女による校内の規制は、とてもコミカルに見える。また、ハリーにはラヴロマンスもあって、以前の学園ものに少しでも近づけようとしたのだろうか。

それにしても、ハリーを助けるべく登場したときのシリウスいやゲイリー・オールドマンのかっこよさといったらない。これまでハリーをサポートする大人はたくさんいたが、シリウスの姿勢は群を抜いている。それなのに、戦いの中であっけなく消されてしまった。次作以降はもう出てこないのだろうか。いや、この作品の世界観ならば、魂として登場し、ハリーを諭し、導くかもしれない。

関連記事

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年)

三大魔法学校対抗試合が100年ぶりに行われることとなり、各学校の代表者が炎のゴブレットから選

記事を読む

ニューズウィーク日本版特別編集 『ハリー・ポッター』 魔法と冒険の20年 を読んだ

ニューズウィークの、ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストの特集本を読んだ。ユリイカ

記事を読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009年)

ホグワーツ魔法魔術学校の教師スネイプは、ヴォルテモートから危険な指令を受けたドラコ・マルフォ

記事を読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年)

一時帰省を経て、ホグワーツ魔法魔術学校に戻ったハリーたち。マグル(非魔法使い)出身の女性たち

記事を読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)

ハリーは、アズカバンを脱獄したシリウス・ブラックが自分の命を狙っていることを知る。シリウスは

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑