*

ボブ・ディラン(Bob Dylan)、ノーベル文学賞を受賞

公開日: : Bob Dylan

『Bob Dylan's Greatest Hits』

日本では熱狂的ファンによる村上春樹の受賞が待たれているノーベル文学賞だが、昨夜、ボブ・ディランの受賞が発表された。個人的には、受賞したことに驚きはなかった。数年前から、毎年秋になると噂になっていたからだ。

むしろ、驚いたのは今朝になってからだ。テレビのニュース番組が、軒並みトップ扱いで受賞の報道をし、ディランの映像を流している。地上波で海外アーティストの映像が流れるのはかなり珍しいが、今回の騒ぎはぶっちぎっている。大江健三郎が文学賞を受賞したとき、ここまで騒いでいただろうか。

ディランはもちろんミュージシャンであり、自伝の執筆こそあれど、作家業を生業とはしていない。今回評価されたのは、ディランが書く歌詞についてで、「米国音楽の伝統に、新たな詩的表現を創造した」とのことだ。ディランの歌詞は時にはメッセージ性を強くし、時には難解でもあり、ダブルミーニングと思われることもある。そして、そんなディランに影響を受けたミュージシャンは数知れない。

現在75歳のディランだが、今年も精力的にツアーをおこなっている。今年4月の来日公演も、記憶に新しい。現地時間13日20時に受賞後初となる公演が行われたが、賞について触れることはなかったそうだ。やっぱり。というか、そういう人だ。

ボブ・ディランのことを全く知らなかった人、あるいは名前を聞いたことがあるくらいの人でも、今回の件を機にこの人に興味を持ってくれればいいかなと思う。オリジナルアルバムの数が膨大で、ベスト盤だけでも何種類もあるディランだが、個人的に初心者にオススメしたいのは『Bob Dylan’s Greatest Hits』という、60年代のベスト盤だ。ここにディラン代表曲の大半がが入っていて、その後オリジナルに行くなり70年代のベスト盤に行くなりすればいいと思うからだ。

関連記事

ボブ・ディラン『30周年記念コンサート(DVD)』

1992年10月、ボブ・ディランの30周年記念コンサートがニューヨークのマディソン・スクエア

記事を読む

ザ・ハリケーン(2000年)

実在した黒人ミドル級ボクサー、ルービン・カーターの伝記的作品で、日本でも公開された映画である

記事を読む

ボブ・ディラン(Bob Dylan)『No Direction Home』

ボブ・ディランのドキュメンタリー映像『ノー・ディレクション・ホーム』を観た。DVD2枚組で、

記事を読む

ボブ・ディラン(Bob Dylan)『Trouble No More(The Bootleg Series Vol.13)』

ボブ・ディランの貴重な未発表音源を発掘する、ブートレッグシリーズ。ここ数年は毎年暮れにリリー

記事を読む

ボブ・ディラン(Bob Dylan)東京ドームシティホール 2016年4月23日

2年ぶりという割と短めのインターバルでの来日公演は、ホールツアーとなった(2010年・201

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑