*

‎トラヴィス(Travis)@フジロック’16

‎トラヴィス(Travis)@グリーンステージ

4月に、Hostess Club Sunday Sessionで来日して以来のトラヴィス。『Sing』でスタートし、アンディによるバンジョーの音色がとても心地いい。

フランはほぼ1曲毎にギターを替え、切々と歌い、MCも頻繁に発し、更にはモッシュピットにも突入。最前に陣取る熱心なファンからハッピーバースデイの祝福を受ける。4月のとき、フランはフジロックのことにもコメントしていて、この日7月23日が自身の誕生日であることも明かしていた。

『Moving』では、ベースのダギーがサビを熱唱。『Closer』ではサビをオーディエンスに歌わせるようフランが促す。終盤、新譜のキーになる曲のひとつ『Magnificent Times』では、サビに合わせた踊りをフランがレクチャーし、オーディエンスはそれを受けてやってみる。・・・うまくいったかは微妙だが(笑)、何度目かの一体感が生まれたことは確かだ。

フランはフジロック20周年に触れ、自分たちがステージに立つのは4回目と言い、更には来年2月に単独再来日することも明かした。そして、『Why Does It Always Rain On Me』へ。かつてフジに出たときは、ほんとうに雨中のパフォーマンスになったこともあったが、今回は晴天に恵まれた。

関連記事

電気グルーヴ@フジロック’16

観るのは2013年ソニックマニア以来だが、個人的にはじめて電気を観たのは97年第1回のフジロ

記事を読む

ウィルコ(Wilco)@フジロック’16

フジ出演は2011年ホワイトステージ以来で、個人的にもそのとき以来になる。正統派アメリカンロ

記事を読む

‎ベック(Beck)@フジロック’16

フジ出演は2005年以来11年ぶりだが、そのときワタシは当時再結成したばかりのダイナソーJr

記事を読む

ストーンド・サークル(Stoned Circle)@フジロック’16

50人くらいで一斉に太鼓を叩く、オーディエンス参加型のイベント。ナビゲーターの合図により、強

記事を読む

2チェロズ(2Cellos)@フジロック’16

日本のメディアでも何度か取り上げられている、クロアチア出身のチェロのデュオ。会場入りするとき

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑