*

‎マン・ウィズ・ア・ミッション(Man With A Mission)@フジロック’16

MWAM@グリーンステージ

去年のサマソニでちょっとだけ観たバンドだったが、今回はじっくりと観た。ドラム、ベース、ギター、ヴォーカル、DJの編成で、全員オオカミの被りものをしている。音はハードめのようでいてメロディアスでもあり、耳あたりがいい。場内の一体感もすごい。

MCはギターのジャンケン・ジョニーで、去年のフジのフー・ファイターズのライヴで踊ったことと、そのいきさつを披露。デイヴ・グロールに促されてステージに立つことにはなったが、デイヴから紹介されるはずがそれもなく、本人はかなりのアウェー感を味わっていたようだった。

終盤、DJの人がステージを降りてモッシュピットに突入し、クラウドサーフを披露。メンバーにより、役割分担があるようだ。

関連記事

バトルス(Battles)@フジロック’16‎‎‎

タイヨンダイ・ブラクストンが抜けたバトルスは、2011年のソナーサウンドで観ていて、それ以来

記事を読む

クーラ・シェイカー(Kula Shaker)@フジロック’16

ベックをフルで観た後にレッドマーキーに向かったこともあり、既に演奏ははじまり、そしてオーディ

記事を読む

フジロック’16(Fuji Rock Festival)を振り返る(1) – 会場など

【天候】 3日目の夕方に若干雨が降った以外は、好天に恵まれた。初日2日目は日中でも過ごしや

記事を読む

2チェロズ(2Cellos)@フジロック’16

日本のメディアでも何度か取り上げられている、クロアチア出身のチェロのデュオ。会場入りするとき

記事を読む

ステレオフォニックス(Stereophonics)@フジロック’16‎

観るのは2013年サマソニ以来だが、フジとなると2001年以来実に15年ぶりか。この間、ドラ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑