*

シガー・ロス(Sigur Ros)『INNI』

公開日: : Sigur Ros

シガー・ロス(Sigur Ros)『INNI』

2011年にリリースされている、シガー・ロスのライヴCD2枚組+DVD『INNI』を観て、聴いた。アルバム『残響』に伴うツアーから、2008年11月のイギリス公演を収録。つまり、日本公演の約1ヶ月後のことであり、またバンドが活動休止する直前にもなっている。

最初にDVDの方を観た。ライヴ映像そのものはモノクロで、合間にラジオ番組出演時や狭いライヴハウスでの光景などが挿入されるというドキュメンタリー風にもなっていて、こちらはカラーだ。合間の映像は2008年に限っておらず、明らかに若々しい4人の姿も確認できる。日本の、恐らくCSの音楽番組と思われるインタビューもあって、エンドロールで確認したら2003年のものだった。

さてライヴ本編だが、画面が4分割されてメンバー4人を同時に捉えたり、ギターやキーボードを弾く指先やペダルを踏む足など、細部がクローズアップされまくっている。かなり凝っていて、映像作品としてはクオリティーが高いと思えるが、ライヴの生々しさを追体験できるような仕上がりにはなっていない。これはこれでもちろんアリなんだけど。

そして、2枚組のCDだ。こちらはライヴの生々しさがダイナミックに伝わってきて、耳だけから得られる情報であるにもかかわらず、臨場感に溢れている。なるほど、CDとDVDでこう棲み分けがされているわけだ(ワタシが感じた限りでは)。

関連記事

シガー・ロス(Sigur Ros)『世にも奇妙な映像実験』

シガー・ロス関連の(2013年時点での)最新DVDを観た。約2時間の内容だが、シガー・ロスの

記事を読む

シガー・ロス(Sigur Ros)@東京国際フォーラム ホールA 2017年7月31日

フジロックフェスティバルの翌日に東京公演という、フジに参加した身からすればハードな日程だが、

記事を読む

シガー・ロス(Sigur Ros)『Heima』

シガー・ロス初の映像作品『Heima』を観た。DVD2枚組で、計4時間半にもわたるヴォリュー

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑