*

アントン・イェルチンさん事故死

公開日: : 最終更新日:2019/11/10 ターミネーター

ターミネーター4

俳優のアントン・イェルチンさんが、19日に自宅で亡くなられた。自家用車と門柱にはさまれてしまったとのこと。その車は、リコール対象になっていたことが後にわかった。事件性はなく、事故死として扱われるようだ。まだ27歳の若さだった。

ワタシが観たことのあるイェルチンさんの出演映画は3本だけだが、いずれも話題作で、個人的にも好きな作品だ。『ターミネーター4』『スター・トレック』『スター・トレック イントゥ・ザ・ダークネス』だ。

『スタートレック』の2作はリブート版で、もともと人気のあったシリーズを最新CGで再構築しつつ、ドラマ性も今の世代が共感を持てそうな内容に仕上げ、もちろん元のシリーズへのリスペクトを忘れず、小ネタをあちこちに仕込んでいる。イェルチンさんは、ちょっとコミカルなロシア人役でエンタープライズ号のブリッジに陣取り、カーク船長やスポックをサポートする役どころだった。

『ターミネーター4』は、更に鮮烈だ。時代はいよいよ人間とマシーンと戦う時代に差しかかり、ジョン・コナーが反乱軍の支部長からリーダーに成長する物語だ。ジョンはカイル・リースを探し、カイルもまたジョンを探していた。ジョンを演じたのはクリスチャン・ベールだったが、カイルを演じたのがイェルチンさんだった。ジョンはやがて自分が生まれる前の母の危機を知り、志願したカイルを母を助けるために送る。カイルは、ジョンの父になるのだった。

今秋、『スター・トレック』の3作目が公開される。イェルチンさんの遺作になってしまったのはとても残念だが、劇場まで足を運ぼうと思う。

関連記事

ターミネーター4(2009)

2018年。「審判の日」を経て、覚醒したコンピューターのスカイネットと人類の抵抗軍との戦いが

記事を読む

ターミネーター展

ターミネーター展(2009年6月)

『ターミネーター4』の劇場公開当時、リンクした展示会が行われていた。 会場は、お台場の日本未

記事を読む

ターミネーター ニュー・フェイト(ネタバレあり)

ターミネーター:ニュー・フェイト(ネタバレあり)

1997年の「審判の日」を防いだ、サラ・コナーと息子のジョン。しかし、スカイネットは複数のタ

記事を読む

ターミネーター2特別編

通常版は公開当時に劇場で見たし、レンタルやテレビ放送でも見ている。しかし、『特別編』を観たの

記事を読む

ターミネーター2(1991)

ターミネーター2(1991)

前作から10年後、1994年のロサンゼルス。10年前のサラ・コナーとターミネーターの死闘はな

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑