*

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(ネタバレあり)

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

93歳のシャーロック・ホームズは、35年ほど前に探偵業を引退し、田舎でミツバチを飼育しながら静かに余生を送っていた。認知症を患っており、‎医師には自分の目の届くところへの引っ越しを勧められるも、家政婦が住み込みしていることもあり、ホームズは引っ越しを拒む。

‎ホームズは薄れていく記憶を必死に呼び起こし、書き留めようとしていた。それは、引退するきっかけとなった、未解決の事件だ。ワトソンが結婚により自分のもとを去った後、訪れた依頼人の依頼内容は、妻の様子がおかしくなっていると思われることの調査だった。

‎老年のホームズを描くという、なかなか大胆な設定だ。しかし、物語を包む雰囲気は全編通してかなり地味だ。記憶を呼び起こす手段をホームズは模索していて、そのひとつとして日本に渡り山椒を採取して帰国する。なんだか、強引に日本を結びつけているように見えなくもない。相棒ワトソンも兄マイクロフトも既に亡くなっていて、そんなホームズの今の相棒は家政婦の息子で10歳のジャック。祖父と孫のような2人は、いつしかパートナーのような間柄になっていく。

ホームズはイアン・マッケラン(「ロード・オブ・ザ・リング」のガンダルフ)が‎演じているのだが、‎個人的にはロバート・ダウニー・Jr.やベネディクト・カンバーバッチといった近年のホームズ役のイメージが強く、ホームズというよりイアン・マッケランその人がどこまで踏ん張れるか、という見方になった。ホームズを日本に迎えるウメザキは、真田広之だった。

関連記事

SHERLOCK 忌まわしき花嫁

SHERLOCK 忌まわしき花嫁

「SHERLOCK」は、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが21世紀を舞台に活躍する、

記事を読む

ユリイカ 総特集 シャーロック・ホームズ

何度か手にとって読んだことのある文芸批評誌「ユリイカ」。今年7月にシャーロック・ホームズを特

記事を読む

SHERLOCK(シャーロック)(2)

ワタシは原作を読んでおらず、予備知識としてあるのは2010年に公開された映画「シャーロック・

記事を読む

シャーロック・ホームズ(2010)

19世紀のイギリス。若い女性が次々に妖しい儀式にて殺害されるが、ホームズは現場をつきとめ、そ

記事を読む

SHERLOCK(1)

SHERLOCK(シャーロック)(1)

アーサー・コナン・ドイル原作の「シャーロック・ホームズ」を元に、イギリスBBC放送が制作

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑