*

キース・エマーソンさん(Keith Emerson)死去

公開日: : 最終更新日:2016/12/09 ELP ,

展覧会の絵

元エマーソン、レイク&パーマーのキース・エマーソンさんが10日に自宅で亡くなった。71歳だった。地元警察は拳銃による自殺と判定しているそうだ。

エマーソン、レイク&パーマー(ELP)は、ドラムのカール・パーマー、ベース&ヴォーカルのグレッグ・レイク、そしてキーボードのエマーソンさんによる、70年代に活動していたプログレトリオだった。ムソルグスキーの『展覧会の絵』を大胆にアレンジしロック風に解釈したアルバムは、トリオの代表作になった。ビートルズの「指定席」だったメロディメーカー誌の人気投票トップを奪ったのはレッド・ツェッペリンだったが、その翌年には彼らがトップに君臨した。

‎ELPはいったん解散するも、何度か再結成しアルバムを出したりツアーしたりしている。個人的には、96年10月の来日公演を東京厚生年金会館まで観に行った。もっともインパクトがあったのは、やはりエマーソンさんのプレイだった。序盤でハンディのキーボードを弾きながら客席に突っ込んで来て、よもやの肉体性溢れるパフォーマンスに度肝を抜かれた。

ワタシがロックに目覚めたのは83~84‎年だが、実はそれ以前に違う方面からエマーソンさんの音楽に触れていた。シルベスター・スタローンが主演した刑事映画「ナイト・ホークス」と、角川映画初のアニメとして話題になった「幻魔大戦」のサントラを、エマーソンさんが手がけていたのだ。後者の主題歌は、「汚れた英雄」のローズマリー・バトラーが歌っていたこともあり、結構ヒットし、ワタシも気に入っていた。

‎4月にはこの人の来日公演が予定されていて、それなのにこのようなことになってしまったのは、とても残念。謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

関連記事

グレッグ・レイクさん(Greg Lake)死去

グレッグ・レイクさんが7日に亡くなった。69歳だった。ここ数年は、がんで闘病中だったそうだ。

記事を読む

エマーソン、レイク&パーマー(EL&P)『The Return Of The Manticore』

エマーソン、レイク&パーマーの4枚組ボックス『The Return Of Manticore

記事を読む

エマーソン、レイク&パーマー(EL&P)『40th Anniversary Reunion Concert』

2010年に結成40周年を迎えた、エマーソン、レイク&パーマー(ELP)。イギリスのハイ・ヴ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑