*

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)『Sound + Vision』

公開日: : David Bowie

David Bowie『Sound + Vision』

デヴィッド・ボウイは、『Sound + Vision』というボックスをリリースしている。

もともとこのボックスは89年にリリースされていて、そのときはCD3枚+ビデオCD1枚というパッケージだった。内容はいわゆるベストなのだが、『Space Oddity』に始まり『Ashes To Ashes』で締めくくっていた(どちらも曲中にトム大佐というキャラクターが出ていて、『Space Oddity』では宇宙飛行士だったのが、『Ashes To Ashes』ではただのジャンキーだったとされている)。この89年盤はその後廃盤になってしまったが、ワタシはその内容だけでなく素晴らしい装丁もあって、当時購入。今でも所有している。

この『Sound + Vision』、2003年になって突如復活。今度はCD4枚組となり、扱う範囲も90年代までフォローできている。『Space Oddity』に始まるのは89年盤と同じだが、ディスク3の後半からディスク4で、ボウイのオリジナルアルバムだけでなく、映画『クリスチーネF』のサントラに提供した曲や、廃盤である『The Buddha Of Suburbia』からの曲なども収録され、非常に価値があると感じている。

仮に89年盤を持っている人でも、改めて入手する意味はあると思うし、ワタシもずっと気になってはいたのだが、今回ついに踏み切った。ただし販売は輸入盤のみで、国内盤としてはリリースされていない。これは89年盤のときもそうで、なぜ日本のメーカーが対応しないのかが謎だ。

・・・しかし、2年前の2014年、ついに日本盤がリリースされた。内容は、2003年盤と同じと思われる。

関連記事

デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」

デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」に行ってきた

2013年にロンドンで開催された、デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」

記事を読む

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)『best of bowie(DVD)』

2002年の秋に、デヴィッド・ボウイのキャリアを総括するベストアルバム及びDVDがリリースさ

記事を読む

ユリイカ 2016年4月号 特集=デヴィッド・ボウイ

文芸雑誌ユリイカの、デヴィッド・ボウイ特集号を読んだ。昨年1月のボウイの死を受けて特集され、

記事を読む

2013年のソニービル

2013年3月、銀座ソニービル1階のカフェが期間限定でデヴィッド・ボウイ・カフェになり、行っ

記事を読む

David Bowie & Friends『Birthday Celebration-Live in NYC 1997』

今から19年前の1997年1月9日。その前日に50歳の誕生日を迎えていたデヴィッド・ボウイの

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑