*

キング・クリムゾン(King Crimson)『Red』40周年記念エディション

公開日: : King Crimson

キング・クリムゾン(King Crimson)『Red』40周年記念エディション

キング・クリムゾンのアルバムが再発。正直、大御所アーティストのアルバムは紙ジャケだSHM-CDだと再発されまくっていて、既に持っているアルバムについてはワタシは興味を示さずにいた。のだが、このクリムゾンの『Red』は、内容を知り買い、そして聴いた。

パッケージは2枚組になっていて、1枚はHQCD、もう1枚がDVDオーディオになっている。原盤よりも音質は向上したと思われるが、それ用の機器を持っていないワタシとしては、そのすごさは今ひとつよくわからない。ではなぜ買ったのかというと、それはボーナストラックとボーナス映像があったからだ。

ボーナストラックはいわゆる別テイクやデモバージョンだが、初出とのこと。個人的には『Red』はクリムゾンの全アルバムの中で最高傑作だと思っているし、最も好きなクリムゾン作品でもあるので、その名盤ができあがる過程、裏側を垣間見ることができたようで嬉しい。

そして、目玉はボーナス映像だ。そもそもロックアーティストの70年代の映像は非常に乏しく、増してやクリムゾンとなるとなおのこと。公式リリースされているクリムゾンの映像は、80年代以降しかない。さてその映像だが、フランスのテレビ番組に出演したときのものだそう。4曲約30分のヴォリュームで、この時期の動くロバート・フリップやジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォード、デヴィッド・クロスが観られるだけでもありがたい。増してや、この4曲の中に『Starless』が入っているのだから。妙な特殊効果が入るのは時代を感じさせるが、一方でフリップの指先をクローズアップもしていて、結構頑張っている。

関連記事

キング・クリムゾン(King Crimson)『The Great Deceiver』

『Frame By Frame(紅伝説)』のリリース翌年の1992年、キング・クリムゾンは『

記事を読む

キング・クリムゾン(King Crimson)『Meltdown: King Crimson, Live In Mexico』

ライヴアルバムを連発しているキング・クリムゾンだが、もっかの最新作は昨年10月にリリースされ

記事を読む

『キング・クリムゾン・ディレクトリー』を読んだ

2018年11月の来日公演にリンクするように、キング・クリムゾンの書籍がいくつか出版された。

記事を読む

キング・クリムゾン(King Crimson)『Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind』

2015年12月に、実に12年ぶりとなる来日公演をおこなったキング・クリムゾン。その日本公演

記事を読む

ロバート・フリップ―キング・クリムゾンからギター・クラフトまで

宝島社から出版されている、ロバート・フリップの本を読んだ。著者はエリック・タムという人で、大

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑