*

ロッキングオン10月号、フジロック&サマーソニック2015特集

ロッキングオン 2015年10月号

クロスビートのサマーフェス特集本に遅れること3日、9月1日発売のロッキングオンのフェス特集も読んだ。表紙は複数のアーティストを混在させ、フジロックのヘッドライナー3組とサマソニのヘッドライナー2組、そしてソニックマニアのヘッドライナーのプロディジーを均等に掲載している。

掲載はフジロックが先で、ヘッドライナーのレポート、続いて注目アクトを取り上げている。ただ、フジもサマソニも、取り上げているアクトが少ない気がする。読んでいて、あれもう終わり?という物足りなさがあった。フジの裏ベスト的存在だったトッド・ラングレンは、なぜか編集後記にまわされている始末だ。

インタビューもミューズとノエルの2組のみで、これはあまりにも少なすぎる。ただ、実際にインタビューできたのがこの2組だけとは考えにくいので、来月号に分けて掲載するのかもしれない。

クロスビートもロッキングオンも、フェス特集号は年々あっさりしてきているように感じていて、「熱さ」が伝わってこない。フジやサマソニに行ったことのない人が、これらの記事を読んだとして、来年こそは行こう!と思うかな。

関連記事

ミューズ(Muse)@フジロック’15

フジロックとサマソニに交互に出演する、日本にフレンドリーなミューズ。フジ出演は5年ぶりだ。土曜夜ヘッ

記事を読む

Flowers Of Romance image

19回目のフジロック

97年に富士天神山スキー場で始まったフジロックフェスティバルは、回を重ねて今年は19回目だ。個人的に

記事を読む

アクアラング(Aqualung)@フジロック’15

マット・ヘールズのソロプロジェクト、アクアラングは、なんと10年ぶりのフジロック。しかも、出演ステー

記事を読む

CROSSBEAT Special Edition 最速完全レポート!! フジロック&サマーソニック2015

8月末に発売された、クロスビートのサマーフェス特集本を買って読んだ。表紙は、複数のアーティス

記事を読む

Flowers Of Romance image

フジロック、オレンジコートがなくなる?

既に話題になっていることだが、今年のフジロックフェスティバルで、主要ステージのひとつオレンジコートが

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑