*

キャスト(Cast)@サマソニ2015

公開日: : Summer Sonic 2015

客入りが芳しくなかったのが少し残念だが、バンドの素晴らしいパフォーマンスは健在だった。

このバンドだと、どうしてもジョン・パワーにばかり注目してしまいがちなので、今回は他のメンバーもよく見ることにした。ベーシストはハットを被っていて表情を伺うのが難しかったが、堅実にプレイしていた。ドラマーも的確にリズムを刻み、屋台骨を支えていた。ギターの人は長髪に長いヒゲで、まるで仙人のような風貌だが、頻繁にギターを替えては時にノイジーなリフを発していた。

そして、ジョンだ。セミアコもしくはテレキャスターをかき鳴らしながらエモーショナルに歌い上げるさまは、感動的だった。見た目はさすがに年とったなあと思うが、独特の声質は以前と変わらず、そしてこの声こそが何よりもこのバンドをスペシャルたらしめている。MCではサンキューベリモッチを連呼したほか、「サイコー」と日本語で言った後に「パパパパー、パパ、パパパーパー」と、トーキング・ヘッズ『Psycho Killer』の一節を口ずさんでいた。空耳かよ。

ラストはもちろん、アンセム『Allright』だった。3年前のマウンテンステージもよかったが、今回も変わらず良好なステージだった。ジョンがソニックステージに立ったのは、ラーズのベーシストとして以来10年ぶりか。

関連記事

マン・ウィズ・ア・ミッション(Man With A Mission)@サマソニ2015

ほんとうはナッシング・バット・シーヴスを観るつもりでマウンテンステージに来たのだが、当日タイムテーブ

記事を読む

バイオ(Baio)@サマソニ2015

ヴァンパイア・ウイークエンドのベーシスト、クリス・バイオのソロプロジェクト。ステージ前方にセットが設

記事を読む

Flowers Of Romance image

サマーソニック2015(Summer Sonic)ステージ割発表

公式サイトにて、サマソニ出演アーティストのステージ割が発表になった(以下東京会場で話を進める)。

記事を読む

トム・ヨーク(Thom Yorke Tommorow Modern Boxes)@サマソニ2015

深夜のソニックステージの混み具合、ワタシが体験した限りでは2008年のレディー・ガガが最多だった。し

記事を読む

Flowers Of Romance image

サマソニにトム・ヨーク!

フジロック67組の追加を見ても、全くテンションが上がらなかった。しかし、サマソニのたったひとりの追加

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑