*

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)来日中

公開日: : 最終更新日:2015/03/14 Jackson Browne

ジャクソン・ブラウン『ジャクソン・ブラウン・ファースト』

の来日公演が、今夜の名古屋から始まっている。ワタシは、13日の金曜日、東京公演に行く予定だ。

来日は2010年以来5年ぶり。このときはシェリル・クロウとの対バンだった。ワタシはどうしても都合がつかず、泣く泣く見送った。単独来日となると2008年11月以来で、約6年半ぶりということになる。

現在66歳のジャクソンだが、音楽に対する意欲は未だ枯渇していない。確かに、ベストアルバムにリンクしたツアーやソロアコースティックもあったが(これはこれでよかったが)、今回は新譜『Standing In The Breach』を引っ提げてのツアーになる。

現在、先輩格のクロスビー、スティルス&ナッシュ(CSN)も来日中なのだが、なんと先週5日の東京公演にジャクソンが飛び入りし、グラハム・ナッシュとの共演で『Crow On The Cradle』を歌ったそうだ。ジャクソンがこれまで日本で他のアーティストと絡んだというのを聞いたことがなかったので、かなりレアな出来事と言えよう。公演はCSNの方が早く終わるので、今度は3人のうち誰かがジャクソンの公演に飛び入りしてくれないだろうか。

東京公演初日は、あさって3月11日。日本人なら絶対に忘れることのできない日だ。ジャクソンは、このことについて何かの意思表示をするかもしれない。あるいは、今夜の名古屋でもうしているかもしれない。

スリーマイル原発の事件があった際、ジャクソンは発起人となり安全なエネルギーの使用を訴えるコンサート「NO NUKES」を開催した。そして311の後、32年ぶりに日本のために「NO NUKES」を開催した。この人がこの時期に日本に来たのは、偶然だろうか。必然だろうか。

関連記事

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)ライヴ、9年越しのリベンジ

ジャクソン・ブラウンへの想いは25日の記事に書いた通りなのだが、ついに5年ぶりのライヴに行く

記事を読む

アサイラム・レコードとその時代

『アサイラム・レコードとその時代』という本を読んだ。 アサイラム・レコードは、1971

記事を読む

ジャクソン・ブラウンとカリフォルニアのシンガー・ソングライターたち

先月の来日公演も記憶に新しい、ジャクソン・ブラウン。来日にリンクさせるように、特集ムック本が

記事を読む

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)、5年ぶりに来日

今月、5年ぶりに来日を果たすジャクソン・ブラウン。オリジナルアルバムのリリースも6年ぶりで、

記事を読む

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)、ジョン・マケインを訴える

4年半ぶりの来日が決まったジャクソン・ブラウンだが、そのジャクソン側が少し前に共和党のマケイ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑