*

THE THURSTON MOORE BAND_Hostess Club Weekender

公開日: : 最終更新日:2020/06/13 Hostess Club Weekender 2015.2. ,

ソニック・ユースは個人的に何度も観てきたが、サーストン・ムーアのソロを観るのは今回がはじめてだ。セットチェンジにはサーストンをはじめメンバー4人が現れ、自分のところをセッティングしていた。

さてライヴだが、メンバーは、ドラムに盟友スティーヴ・シェリー、ベースにマイブラのデビー、ギターにジェームスという人。構成はソニック・ユースとほぼ同じに見えるが、ジェームスのギターは控えめで、リー・ラナルドほど前に出てこない。つまり、サーストンの独壇場の様相だ。

出だしは軽めのノイズを数分繰り広げた後にサーストンのギターが大暴れする演奏にシフト。アメリカンオルタナティヴの元祖たるこの人だが、長いキャリアを重ねてもまだこの人にはギターを持ち激しいリフを発する衝動がある。

MCでは「KISS or ・・・」シリーズでヴァン・ヘイレンやユーライア・ヒープ、クラッシュ、ヤードバーズの名をあげる。茶目っ気も相変わらずだ。

いつ終わるとも知れぬ、インプロヴィゼーションの応酬。スティーヴはほぼサーストンを見ながらプレイし、2人のアイコンタクトによってリズムチェンジが行われる。スティーヴのドラムは、思った以上にラウドだった。デビーは、マイブラのときと同じくドラムセットに寄り添い、半身になって弾いている。ジェームスはサーストンの真逆に立ち、ギターを弾いていた。

序盤は、たぶん25分で2曲。トータルでも6曲だった。クールにしてホット。ラウドでノイジー。サーストンは、健在だ。

setlist:
01:For Evermore
02:Speak to the wild
03:Germs Burn
04:Detonation
05:The Best Day
06:Grace Lake

関連記事

Hostess Club Weekender、2月22日

ST.VINCENT_Hostess Club Weekender #hostessclub

この日いや2日間で最も楽しみにしていたはずのセイント・ヴィンセントだったが、開演直前に不安になってし

記事を読む

Hostess Club Weekender初日

HOW TO DRESS WELL_Hostess Club Weekender

ソロプロジェクトと聞いていたが、4人編成だった。ドラム、キーボード、プログラミング、そしてヴォーカル

記事を読む

Hostess Club Weekender初日

TUNE-YARDS_Hostess Club Weekender

メリル・カーバスという人のプロジェクト。編成は、スタンディングドラム、ベース、コーラス2人、そしてメ

記事を読む

Hostess Club Weekender2日目

Hostess Club Weekender2日目_Studio Coast

不安定な天候の中、予定より15分遅れて開場。 今日も1日楽しみます!

記事を読む

Hostess Club Weekender2日目

TEMPLES_Hostess Club Weekender

音楽メディアでは、かなりプッシュされているテンプルズ。しかし、去年フジロックで観たときは、個人的に今

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑