*

元プライマル・スクリーム(Primal Scream)のロバート・ヤングさん(Robert Young)死去

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Primal Scream

プライマル・スクリーム『イーヴル・ヒート』

プライマル・スクリーム結成時のメンバーで2006年まで在籍していた、ギタリストのロバート・ヤングさんが9日に自宅で亡くなられているのが発見されたとのこと。まだ49歳の若さだった。

プライマルは頻繁に来日していることもあり、ワタシはこれまで9回ライヴを観た。うち7回が1998年から2005年で、つまりヤングさん在籍時だった。2006年にZepp Tokyoで観たときにはヤングさんの姿がなく、サポートとしてリトル・バーリーのバーリー・カドガンが入っていた(以降、バーリーは重要なサポートメンバーとなる)。このときと前後して、ヤングさんはバンドを脱退していたのだと思われる。

プライマルにはアンドリュー・イネスという存在感のあるギタリストがいて、それ以上にストーン・ローゼズからやってきたベーシストのマニの存在感が大きかった。ヤングさんは脇を固める地味な役回りだったと思われ、残念なことにワタシの記憶にはあまり刻まれていない。

2000年フジロックのトリでも観た。ソニックマニアで『screamadelica』全曲ライヴも観た。そんな中ワタシがベストと思うのは、2002年にZepp Tokyoで観たライヴだ。このときのアルバム『Evil Heat』がマイフェイバリットということもあるが、『XTRMNTR』を更に深化させたような音の洪水と殺伐とした空気感は、圧巻だった。このときはマニ在籍中、そしてマイブラのケヴィン・シールズもほぼ準メンバーとして帯同していた。そして、ヤングさんもその中にいた。

早すぎる死は残念でならない。プライマル脱退の際も、ボビー・ギレスビーは微妙な言い回しをしていて、もしかすると以前から何か問題を抱えていたのかもしれない。謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

関連記事

記事はありませんでした

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑