*

ザ・ストライプス(The Strypes)@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

去年今年で何度も来日しているストライプスだが、個人的にやっとお目にかかれるときが来た。4人は黒を基調としたスーツをビシッと決め、そして歌も演奏もシンプルでソリッドでストレートだ。ヴォーカルのコはほんとに歌うだけで、MCはギターのコが担っていた。

今や90年代バンドのフォロワーすら珍しくない時代になってしまったが、彼らは60年代~70年代のフォロワーだ。しかしレトロ感はなく、むしろ聴いていて新鮮。こう思わせるのは、彼らおのおのの力量あってこそだと思う。レッド・ツェッペリン『How Many More Times』『Dazed And Confused』のリフを入れてくるのにも、ニヤリとさせられる。

数年後の彼らが楽しみ。順調に行けば、ヘッドライナークラスに成長するかも。

関連記事

フジロックフェスティバル’14(Fuji Rock Festival)、終了!

フジロックフェスティバル'14終了前夜祭から数えて4日間に渡ったフジロック、ワタシはポーグスで終了。

記事を読む

Flowers Of Romance image

OK Go@フジロック’14

10年選手のバンドだが、観るのはたぶんはじめて。ギター&ヴォーカル、ベース、キーボード&ギター、ドラ

記事を読む

Flowers Of Romance image

18回目のフジロック

私的タイムテーブル(fromためてぼ天国) フジロックフェスティバルも、回を重ねて今年は18回目だ

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・フレーミング・リップス(The Flaming Lips)@フジロック’14

個人的には、厳しいステージだった。もともとグリーンステージにブッキングされたときから違和感はあったが

記事を読む

Flowers Of Romance image

The 3 O’clock@フジロック’14

ギター、ベース、ドラム、キーボードの4人組は、パンフレットによると80年代から活動を続けているベテラ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑