*

18回目のフジロック

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14 ,

私的タイムテーブル(fromためてぼ天国)

フジロックフェスティバルも、回を重ねて今年は18回目だ。97年に富士天神山スキー場で始まり、99年から会場を苗場スキー場に移設。2000年までは集客に苦戦していたが、2001年に豪華ラインナップを揃えてからは夏の風物詩として定着している。個人的には97年の第1回から参加していて、年の上半期はフジロックを中心に仕事し生活していると言っても過言ではない。

ただ、今年はかなり冷静だ。去年はヘッドライナーだけでなく中堅やニューカマーまで、非常に充実したラインナップで、とても楽しませてもらった。それからすると、今年はかなり見劣りする。グリーンステージのヘッドライナーで、ワタシが観るのは2日目だけの予定だ。空き時間は、正直言ってかなりある。

チケットも売り切れにはなっていないと思われ、もしかすると快適に過ごせるかもしれない。天候については、もはや雨が降ることを恐れなくなり、それなりの装備をしていく。荷造りは3連休のうちに済ませていて、この後最後の微調整を行う。

明日出発し、夕方には苗場に到着する見込み。日没頃には会場入りしてチケットをリストバンドに交換し、前夜祭に顔を出す予定。混み具合によってはオフィシャルグッズ売り場に並ぶかもしれない。

このサイトも、明日から現地より更新します。

関連記事

Flowers Of Romance image

Gotch@フジロック’14

アジカンのヴォーカル、後藤のソロ。最後の1曲だけ観た。シンプルな編成かと思いきやフルバンドで、ギター

記事を読む

Flowers Of Romance image

フジロックフェスティバル’14(Fuji Rock Festival)を振り返る(1) – 会場など

【天候】 初日と2日目は快晴で、とにかく暑かった。気温は2日目の方が上がったが、日差しは初日の方がキ

記事を読む

Flowers Of Romance image

テンプルズ(Temples)@フジロック’14

セッティングはメンバーたちが自分でやっていて、新人らしいなと思った。しかしライヴパフォーマンスの方は

記事を読む

Flowers Of Romance image

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひと

記事を読む

Flowers Of Romance image

バッファロードーター(Buffalo Daughter)@フジロック’14

観るのはたぶん9年ぶり。華奢な体にギターを背負うシュガー吉永、オルガンと曲によりベースの大野由美子、

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑