*

18回目のフジロック

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

私的タイムテーブル(fromためてぼ天国)

フジロックフェスティバルも、回を重ねて今年は18回目だ。97年に富士天神山スキー場で始まり、99年から会場を苗場スキー場に移設。2000年までは集客に苦戦していたが、2001年に豪華ラインナップを揃えてからは夏の風物詩として定着している。個人的には97年の第1回から参加していて、年の上半期はフジロックを中心に仕事し生活していると言っても過言ではない。

ただ、今年はかなり冷静だ。去年はヘッドライナーだけでなく中堅やニューカマーまで、非常に充実したラインナップで、とても楽しませてもらった。それからすると、今年はかなり見劣りする。グリーンステージのヘッドライナーで、ワタシが観るのは2日目だけの予定だ。空き時間は、正直言ってかなりある。

チケットも売り切れにはなっていないと思われ、もしかすると快適に過ごせるかもしれない。天候については、もはや雨が降ることを恐れなくなり、それなりの装備をしていく。荷造りは3連休のうちに済ませていて、この後最後の微調整を行う。

明日出発し、夕方には苗場に到着する見込み。日没頃には会場入りしてチケットをリストバンドに交換し、前夜祭に顔を出す予定。混み具合によってはオフィシャルグッズ売り場に並ぶかもしれない。

このサイトも、明日から現地より更新します。

No tags for this post.

関連記事

Flowers Of Romance image

ディスクロージャー(Disclosure)@フジロック’14

若きテクノユニットは、しかしデジタル一辺倒ではなく、肉体性に溢れるステージだった。2つの卓をハの字型

記事を読む

Flowers Of Romance image

ベースメント・ジャックス(Basement Jaxx)@フジロック’14

グリーンステージでは、30分前からヘッドライナーのフランツ・フェルディナンドのライヴが始まっているは

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・ストライプス(The Strypes)@フジロック’14

去年今年で何度も来日しているストライプスだが、個人的にやっとお目にかかれるときが来た。4人は黒を基調

記事を読む

Flowers Of Romance image

The 3 O’clock@フジロック’14

ギター、ベース、ドラム、キーボードの4人組は、パンフレットによると80年代から活動を続けているベテラ

記事を読む

Flowers Of Romance image

デーモン・アルバーン(Damon Albahn)@フジロック’14

ブラーは今年1月に来ているが、デーモンがフジロックのステージに立つのは、99年以来実に15年ぶりだ。

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑