*

あれから20年

公開日: : 最終更新日:2021/03/07 Nirvana , ,

ニルヴァーナ・ベスト(SHM-CD)

今年2014年の20年前は、1994年。当時はそんな実感はなかったが、今振り返ってみると、ターニングポイントになった年になっている。

F-1では、ブラジル人ドライバーのアイルトン・セナがサンマリノ・グランプリの決勝で事故死。セナの死を悼むと共に、レースの安全面を強化することから、以降多くのサーキットで、アイルトン・セナ・コーナーやアイルトン・セナ・シケインが作られた。ロック界では、ニルヴァーナのカート・コバーンが自殺し、バンドは必然的に解散。一方でベックの『Loser』がチャートインし、イギリスのマンチェスターでオアシスがデビューした。

スポーツ総合誌Numberでは、セナ追悼特集号が組まれた(これから読む)。ニルヴァーナは、デビューから25年という基準に達し、最短でロックの殿堂入りを果たした。カート没後20年とも相俟って、ニルヴァーナやカートに関連したニュースは少なくない。ベックは脊椎損傷を手術で克服し、6年ぶりとなる新譜『Morning Phase』をリリース。オアシスは2009年に解散したものの、デビューアルバム『Definitely Maybe』の20周年記念盤リリースで沸き立っている。

10年後の2024年にも、セナとカートの死は語られていそうだ。10年前の2004年がそうだったように。

関連記事

ニルヴァーナ(Nirvana)『Live! Tonight! Sold Out!!』

ニルヴァーナ活動時期から、バンドの意向によって制作されたライヴ映像集。バンド解散後の1994

記事を読む

ラストデイズ(2005年)

ガス・ヴァン・サント監督作品『ラストデイズ』を観た。 リハビリ施設を抜け出した、ロック

記事を読む

カート・コバーン – All Apologies(2005年)

ニルヴァーナの、というより、カート・コバーンの半生を綴ったドキュメンタリー映像『All Ap

記事を読む

グランジムーヴメントを扱った映画『hype!』

1996年に劇場公開され、2004年にDVDリリースされた映画『hype!』を観た。90年代

記事を読む

ニルヴァーナ(Nirvana)『Nevermind 20th Anniversary Edition』

ニルヴァーナの代表作であるだけでなく、1990年代を代表するロックアルバムの1枚、『Neve

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑