*

上條淳士『SEX』、完結

公開日: : 最終更新日:2020/12/29 上條淳士

SEX(7)

80年代の終わり頃にヤングサンデーに連載されていた上條淳士の『Sex』が、単行本で毎月刊行されていることを少し前に知り、以来こつこつと買い続けて来た。そして今月が最終となる7巻の刊行であり、これで完結。

連載当初、ワタシはヤングサンデーをリアルタイムで読んでいたので、『Sex』についても序盤はうっすらと記憶していた。ただその後のお話や、単行本でどうなったかということは知らなかった。当時単行本としては2巻までしか出ておらず、3巻以降については「幻」と化していて、今回の再発は待ちに待った刊行とのことだ。この人の漫画は『To-y』に代表されるように、緻密かつ斬新にして乾いた絵のタッチが特徴だ。ワタシは漫画やアニメーションについては、どんなにストーリーがしっかりしていても、絵が下手だと敬遠しがちなのだが、この人の漫画はワタシの勝手な基準を大幅にクリアしている。

個性的な登場人物の暴れっぷりにも目を見張るものがあるが、舞台となる街にも惹かれるものがある。福生、横須賀、そして沖縄。ワタシは3年前に沖縄に旅行しているので、この漫画の中に描かれている風景も、よりリアルなものとして感じることができた。巻末には他の漫画家によるイラストが掲載されていて、同業者からもリスペクトされていたことが伺える。7巻で完結といっても、完全に何かが終わったわけではなく、続編が作れそうな終わり方だ(でも、まさかね)。

上條淳士には、『Flowers of Romance』という作品もあるそうだ。どんな内容なのか、気になる。

関連記事

上條淳士短編集『山田のこと』

『FLOWERS OF ROMANCE』収録 上條淳士短編集『山田のこと』

年末、上條淳士展「TO-Y SPECIAL SHOWCASE」に足を運んだ次の日に、ネットで

記事を読む

上條淳士『ZINGY』

上條淳士『ZINGY』

最終戦争で、世界が無法地帯になってしまった20xx年。巨大組織B・メイソンのギルはTOKIO

記事を読む

TO-Y

上條淳士『TO-Y』

高校生でパンクバンドGASPのヴォーカル藤井冬威(TO-Y)は、従姉妹でアイドル歌手の森が丘

記事を読む

上條淳士展「TO-Y SPECIAL SHOWCASE」

上條淳士展「TO-Y SPECIAL SHOWCASE」に行ってきた

上條淳士の代表作『TO-Y』が、連載35周年を迎えたとのこと。記念の展示が行われている日本橋

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑