*

ジョー・ストラマー(Joe Strummer)さん死去

The Clash『Sandinista!』

クラッシュのフロントマンとして活躍し、解散後はソロとして活動していたジョー・ストラマーさんが、心臓発作で亡くなった。50歳だった。

ワタシは世代的に、パンクをリアルタイムで体験してはいない。なのでロックの歴史の一部として、ビートルズやローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリンらを聴くのに近い感覚で、クラッシュのCDを聴いていた。最も好きな作品は『Sandinista!』で、2枚組というヴォリューム(アナログでは3枚組だったそうだ)と、パンクに留まらずレゲエやロカビリーにまで発展していった音楽性に感服させられた。

ストラマーさんを身近に感じるようになったのは、フジロックフェスティバルが始まってからだ。97年の嵐の第1回に参加したとき、疲れ果てて帰宅した後ネットして、ストラマーさんが2日目のシークレットDJとして出演を予定されていたことを知った。そして会場が苗場に移った99年、3日目のグリーンステージでメスカレロスを従えたストラマーさんのライヴを観た。『London Calling』のイントロが響き渡ったとき、黙っていられなくなってステージ前に走って行ったのが、昨日のことのようだ。今年のフジロックには、アーティストとしてのエントリーはなかったが、家族を連れて参加したらしい。そして来年も、ホワイトステージのエントリーが既に決まっていたのだそうだ。フジの空気を絶賛するアーティストは少なくないが、ストラマーさんはその筆頭格のような存在だった。

fujirockers.orgによると、ストラマーさんは犬の散歩から帰った後、自宅で椅子にもたれたまま亡くなったらしい。遣り残したことはなかったのだろうか、安らかな気持ちで逝ったのだろうか、とか、いろいろと想像してしまう。謹んでご冥福をお祈りします。

関連記事

ザ・クラッシュ(The Clash)『Westway To The World』

クラッシュのドキュメンタリー映像『Westway To The World』を観た。

記事を読む

『THE DIG Tribute Edition ジョーストラマー』を読んだ

2002年12月に50歳で亡くなった、ジョー・ストラマー。翌2003年2月に、クロスビート増

記事を読む

ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー(2007年)

クラッシュのドキュメンタリー映像もあるが、ジョー・ストラマーにスポットを当てたドキュメンタリ

記事を読む

「『at 武道館』をつくった男」を読んだ

ソニーミュージックの(元)名物ディレクター野中規雄氏の半生を綴った本、「『at 武道館』をつ

記事を読む

ザ・クラッシュ(The Clash)『London Calling 25th Anniversary Edition』 発売記念イベント

クラッシュの『London Calling』がリリースから25年経つそうで、そのアニヴァーサ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑